• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ベン・メンデルソーンの狂気の父親役に注目!映画「名もなき塀の中の王」10・10公開

(C)STARRED UP FILMS LIMITED AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2013

 世界各国の映画祭を席巻し、圧倒的な高評価を獲得した、闇と暴力に支配された刑務所を舞台に不良少年の成長を描く無骨なヒューマンドラマ、映画「名もなき塀の中の王」が、10月10日(土)より公開される。

 凶悪なギャング一家の長男を演じた「アニマル・キングダム」 (10)で数々の賞を受賞し、世界的に注目され今やハリウッドで重宝されているオーストラリアが誇る名優ベン・メンデルソーンが、本作では主人公エリック・ラブ(ジャック・オコンネル)と刑務所で再会する狂暴でありながら息子に対する愛情に戸惑う父ネビルを繊細に演じている。

 監督のデヴィット・マッケンジーは「僕は自信を持って、ネビルを演じられるのは彼だけだと思った。彼はすぐにネビルのキャラクターに何が必要かつかんでくれた。簡単な役ではなかったが、ベンはその身を役に委ねたんだ。素晴らしいと思った。一言しゃべるだけ、身振りだけで荒くれ男のそれを表していた。ベンは変幻自在の天才なんだと思う。彼が次に何をするのか予想ができないんだ。そういうところが好きだし、そういう彼と組めたことを誇らしく思っている」とベンを絶賛。

 主人公ジャック・オコンネルの狂犬ぶりも必見だが、ベン・メンデルソーンのヤバイ父親っぷりにも注目だ。

映画「名もなき塀の中の王」は10月10日(土)よりK’s cinemaほかにて全国順次公開。

【STORY】
 少年院でトラブル続きの暴力的な少年が、成人の刑務所に移送される。そこでも彼の乱暴は止むことがなかったが、心療セラピストとの出会いや、同じ刑務所内に収監されていた父親と再会によって少しずつ変わっていく。暴力でしか自分を示せず、愛を知らなかった少年が、初めて生きる希望を見つけていくのだったが、これまでの行動を問題視していた勢力が動き始め…。

監督:デヴィッド・マッケンジー
脚本:ジョナサン・アッセル
出演:ジャック・オコンネル、ベン・メンデルソーン、ルパート・フレンド、ピーター・フェルディナンド、サム・スプルエル

2013年/イギリス/英語/カラー/シネスコ/ドルビー/106分/原題:Starred Up/字幕翻訳:寺尾次郎
配給:彩プロ
後援:ブリティッシュ・カウンシル

公式サイト http://www.heinonaka.ayapro.ne.jp/

(C)STARRED UP FILMS LIMITED AND CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION 2013

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真