• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」リアルな砂漠アートを鳥取でお披露目!

(C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(12月18日(金)公開)公開まで3か月を切り、老若男女を巻き込んだ“スター・ウォーズ現象”の中、「スター・ウォーズ」砂像アートがついに完成。お披露目式には最新作で新デザインにバージョンアップしたストームトルーパー2体と、自身も砂像になった人気キャラクターのC-3POが砂像アート視察のため登場した。

 本作が公開となる2015年“STAR WARS YEAR”の盛り上がりは、2月に北海道で開催された「第66回さっぽろ雪まつり」の『雪のスター・ウォーズ大雪像』、4月には最高6時間待ちの現象も生み出した『スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。』(東京から順次全国開催)、6月の「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」田んぼアート、8月の青森ねぶた祭りに『スター・ウォーズのねぶた』が登場、9月4日の『FORCE FRIDAY』ではついに新商品が全世界で同時発売、と、12月の映画公開前にしてその熱気は日本各地へ勢いを増している。

 そんな“スター・ウォーズ現象”の中、次に盛り上げるのは鳥取砂丘“砂のスター・ウォーズ”。史上初めてルーカスフィルムが公認し、ウォルト・ディズニーがそのデザインの監修に携わって登場キャラクターが砂像アートとして制作され、このたびお披露目式が開催された。

 式典には自身も「スター・ウォーズ」ファンだという深澤義彦鳥取市長をはじめ、砂像制作に携わった鳥取砂丘砂の美術館総合プロデューサー茶圓勝彦氏が登壇。深澤市長は、「この鳥取砂丘を『砂のスター・ウォーズ』発表の場に選んでいただいて光栄です。そして、無事に砂像が完成し、こうしてお披露目できることをとてもうれしく思います。この砂像を通して、『砂の美術館』を中心に『砂像のまち鳥取』を全国、全世界の人に知ってほしい」とコメント。また、茶圓氏は「世界中の誰もが知っている作品のキャラクター作ることは、大変なプレッシャーでしたが、無事完成してとてもうれしく、誇りに感じます。宇宙空間を砂で表現するというのは、新しい挑戦でした。Xウィングやタイ・ファイター、ミレニアムファルコンが飛ぶ臨場感を表現するのに苦労しました。また、キャラクターのディテール、特にC-3POの腕の部分などはとても難しかった。このスター・ウォーズ砂像は、一番上部分が宇宙空間、その下にキャラクター、そしてその下に鳥取砂丘を表現しています」と、製作の苦労話も明かした。

 また、「スター・ウォーズ」全作品に登場する人気キャラクターC-3POも登場し、自身の砂像、そして長年の相棒R2-D2、そして丸いボディが可愛らしいBB-8の砂像を満足そうに確認。また、今回の式典で日本初登場となる、より現代的な新デザインのストームトルーパーも視察に登場。今注目を集める“鳥取”で初登場という事もあり、県内外から集まった観衆も大きな歓声を上げ大盛り上がりとなった。

 さらに、昨年“世界最大の傘踊り”としてギネスにも認定された「鳥取しゃんしゃん祭り」で使用されるしゃんしゃん傘を使った「スター・ウォーズ」オリジナルの傘踊りを、集まった園児たちが一生懸命披露する場面も。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
公開日時:12月18日(金)後6・30 全国一斉公開

監督:J・J・エイブラムス
プロデューサー:キャスリーン・ケネディ、J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク
製作総指揮:ジェイソン・マガトリン、トミー・ハーパー
脚本:ローレンス・カスダン
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

(C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真