• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

北原里英、名実ともにSKE48メンバーに! SKE48シアター初日記念公演

SKE48シアター初日記念公演がリニューアルオープン!(C)AKS

 AKB48の姉妹グループ・SKE48の専用劇場「SKE48シアター」が12月9日にリニューアルオープンし、初日記念公演が行れた。

 約3か月の改装工事を経て、SKE48の専用劇場がリニューアルオープン。収容人数は客席数225席、立ち見エリアを含めると299名を収容できる。また、可動ステージ、花道、大型16面マルチモニターなどを新たに設け、SKE48の十八番である激しいダンスパフォーマンスの魅力を十二分に堪能できる作りになっている。

 初日公演ではユニット「思い出以上」をチームIIとEがそれぞれ披露した後、ステージ後方のカーテンが開き、オリジナルのチームSが登場。3チームによる競演が繰り広げられた。さらに、きたりえこと北原里英がSKE48メンバーとしてフル参加。チーム楽曲ではチームSと共に「恋を語る詩人になれなくて」「ピノキオ軍」を披露。ほかにも「Nice to meet you!」や「SKE48」などもパフォーマンスした。

 名実ともにSKE48メンバーになった北原に、メンバーからSKE48のルールが教えられるひと幕も。「絶対、黒髪」「ダンスのフリは細かい角度まで徹底的に揃える」といった真面目なものから「松井珠理奈のダジャレには空気を呼んで笑うか流すか決める」などといった珍ルールも北原に伝授された。

 初日公演を終えて、松井珠理奈は「素敵なスタートが切れたと思います。全メンバーでチームごとや何期生ごとに分かれて曲を披露しましたが、SKE48としてまた新たにひとつにならなきゃなって感じました。今日会場に来られなかった方にはこの素晴らしい劇場に来てほしいし、来たお客さんには今度は違った席で見てほしいですね。広くなって席によって見え方も違うと思うので」とコメント。今後のステージに意欲を見せた。

 
SKE48公式サイト(http://www.ske48.co.jp/)
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える