• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画『奪還者』DVD&ブルーレイ発売!監督、出演者コメント公開!

(C)2013 Rover Film Holdings Pty Limited, Screen Australia, Screen NSW and the South Australian Film Corporation.

 名監督クエンティン・タランティーノが「“とにかく凄ぇ。元祖『マッドマックス』以来の世紀末映画の最高傑作。『アニマル・キングダム』とこの連打でデヴィッド・ミショッドはこの世代最強の監督だと証明して見せた”」とコメントを寄せるなど、カンヌ、サンダンスをも熱狂させた話題の映画『奪還者』のDVD&ブルーレイが、2016年1月6日(水)に発売する。その発売決定に併せ、監督のデヴィッド・ミショッド、主演のガイ・ピアース、ロバー ト・パティンソンのコメントを公開した。

「『奪還者』は俳優ジョエル・エドガートンと2人で脚本を書いたんだ。最初は自分で監督をするつもりはなかったけど、書き始めたら自分が監督することを念頭にどんどん脚本が仕上がっていった(笑)。本作はカーチェイスもあり、確かにジャンル映画かもしれない。でも、僕に取ってはそれが楽しみであり挑戦なんだ。ジャンル映画と言われるかもしれないが、そうじゃない。ギリギリのところで遊ばせてもらった。そして物語だけではなく、主役の2人の素晴らしい演技を皆さんに早く観て欲しいと思う」(デヴィッド・ミショッド)

「『奪還者』は我々人間がどれほど脆いものなのか、どれほど儚い存在なのかを 問う作品です。我々は進化するものだということは確定しているように思われる一方で、いとも簡単に破滅されてしまうようにも感じます。自分が演じるこの男を深く理解するために、監督と何回も話し合いました。映画の 最後で観客の皆さんはこの男の結末を目にしますよね。だからこそ、観ている観客の皆さんに必ず何かを感じ取ってほしく、役を一番良く理解しようと繰り返し監督と相談を重ねました。全体的に難しいテーマではありますが、その意味を考えながら演じるのは楽しかったですよ」(ガイ・ピアース)
 
「この映画が何を伝えようとしているか、僕も完全には分かっていません。どう解釈するかは、観た方の自由だと思うんです。中には僕の役について疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。レイは、少し依存的で、物凄く愛情に飢えている。実は今までずっと誰かに守られながら生きてきて、周囲にはそれが重荷になっていたのです。役を演じるにあたって、デヴィッドからは特にアドバイスはありませんでした。最初にオーディションに参加した時、僕は質問したのです。「レイは精神的に障害を持っているのか?」と。そうしたら監督は「いや、そうではなくて、レイはすさまじいイジメに遭ったんだよ」と。その一言ですべて納得ができ、役にもすんなりと入れました」(ロバート・パティンソン)

 オーストラリアの新鋭デヴィッド・ミショッド監督の最新作、映画『奪還者』DVD&ブルーレイは、インタビューや撮影の裏側に迫った、約45分のメイキング映像の収録など豪華特典も満載で2016年1月6日(水)発売。

『奪還者』Blu-ray
価格:¥4,700(本体)+税
特典映像:メイキング(約45分)・予告編集
★特殊仕様:リバーシブル・ジャケット仕様

『奪還者』DVD
価格:¥3,800(本体)+税
特典映像:メイキング(約45分)・予告編集
★特殊仕様:リバーシブル・ジャケット仕様

〈ストーリー〉
 世界経済の崩壊から10年後、鉱物資源を求める無法者たちの巣窟と化したオーストラリア。命より大切な車を奪われた孤独な男、彼にはどうしてもその車を取り戻さなければならない理由があった。愛する家族に置き去りにされた男。彼にもつけるべき落とし前があった。弱肉強食の荒野に捨てられた二匹の負け犬が繰り広げる執念の追跡、そして執拗かつ冷徹な奪還と復讐。愛するものがすべて消えた世界、美しく、切ないほどに雄大な世紀末の大地で繰り広げられる、哀愁と慟哭のバイオレンス・チェイス。男たちは、なぜ涙を流すのか!?

〈スタッフ&キャスト〉
監督・脚本・原案:デヴィッド・ミショッド(『アニマル・キングダム』)
原案:ジョエル・エドガートン(『華麗なるギャッツビー』)
撮影:ナターシャ・ブライエ、ADF(『シルビアのいる街で』)
出演:ガイ・ピアース、ロバート・パティンソン、スクート・マクネイリー、デヴィッド・フィールド、アンソニー・ヘイズ、ジリアン・ジョーンズ/スーザン・ジョーンズ

発売元・販売元:ポニーキャニオン
(C)2013 Rover Film Holdings Pty Limited, Screen Australia, Screen NSW and the South Australian Film Corporation.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える