• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ドラマ『家族なのにどうして』パク・ヒョンシク(ZE:A)オフィシャルインタビュー到着

Licensed by KBS Media Ltd.(c) KBS & SAMHWA NETWORKS All rights reserved

 現在DVD好評リリース中の韓国ドラマ『家族なのにどうして~ボクらの恋日記~』に出演しているパク・ヒョンシク(ZE:A)のオフィシャルインタビューが到着した。

 本作は、韓国で初週から視聴率20%以上をマークし最高視聴率44.4%という驚異的な数字を記録し、2014年KBS演技大賞で大賞を含む8冠に輝くなど、圧倒的人気で話題を独占した2015年最高のラブコメディ。多彩な登場人物のラブストーリー&人間ドラマが展開する本作は、親世代と子世代のコミュニケーションと和解のドラマとしても、世代を超えて圧倒的共感を浴びた。

 アイドルグループ“ZE:A”のメンバーとしてだけでなく俳優としても活躍するパク・ヒョンシクは、本作で末っ子ダルボン役を熱演し、そのハマりっぷりが話題となった。頭に血が上りやすく、正直で純粋だが家族に心配をかける典型的な末っ子タイプだというダルボン。自身も末っ子だと語るヒョンシクは、「どうやってダルボンを表現しようかと考えたとき、まず自分に置き換えてみました。もし僕がこの仕事を辞めたり、仕事がなかったらどうするかと考えたとき、彼と同じ気持ちになれたのです。“自分に何ができるか”“バイトをしなきゃ”そんなふうに思い、共感できました。キレる性格は難しかったですね」とダルボンへの共感とともに役作りの苦労を明かした。

 また、本作に出演してから、学生時代の親に対する態度を思い出したと語るヒョンシク。「とにかくとても後悔して、両親に申し訳なく思いました。ドラマの中でガンジェ(ユン・バク)が“父さんがしてくれたのは、食事の心配と体の心配だけだろ”と父さんに言うシーンがあるのですが、僕自身も“俺ひとりの力でここまで大きくなった”と、思春期のころは思っていました。でも撮影中に聞こえてきたそのセリフがとても深く胸の奥に突き刺さり、撮影が終わってすぐ “何してるの? 食事は済んだ?”と両親に電話しました。めったに電話しないので両親は驚いていました。“別に用はないよ”と言いながらも育ててもらったことへの感謝の気持ちを伝えましたが、両親はとても喜んでいました。今までの自分を振り返ることができ、僕を反省させてくれるドラマでした」と、家族のあり方を考えさせられたようだ。

 ソウル(ナム・ジヒョン)とダルボンの恋愛におけるダルボンの態度については、「好きな人にプレゼントするとき、“君のために用意した”と素直に言えばいいのに、ダルボンは“まあな。気に入ったか”と言います。ダルボンの純粋さがよく表れています。僕はそんなふうに女性と接したことがないので、何となく新鮮に感じました」と撮影を振り返り「もっと優しい言葉をかけたほうが女性は喜ぶのに、なぜそうしないんだろうと思いました。ダルボンは思いをうまく伝えられないタイプですね」とダルボンを分析。さらに、ダルボンとソウルのような12年越しの運命の出会いについては「正直、12年前の結婚の約束を突然持ち出されたら、かなり動揺しますね。でもそんな運命的な出会いは、誰でも密かに望んでいるのでは?」と話す一方、「一目ぼれできる女性と結ばれたいけど、そんな人と出会うのは難しいですよね。それから理想の人と結ばれるケースはほとんどなく、理想はあくまでも理想。願望にすぎません。結局は価値観の合う人と一緒になると思っています」と、現実的な意見も。

「ダルボン役を演じられて本当によかった」と語るヒョンシクは、最後に日本のファンへ向け「このドラマは家族の中で起こるエピソードを通じて、感動と笑いをお届けするドラマです。ぜひ期待してください。そして僕の演じるチャ・ダルボンも応援してください」とメッセージを残した。

『家族なのにどうして~ボクらの恋日記~』
DVD-SET1&SET2:好評発売中
DVD-SET3:11月6日(金)発売 

各¥13,000+税

※以降、DVD-SET5まで随時発売
※DVD好評レンタル中

Licensed by KBS Media Ltd.(c) KBS & SAMHWA NETWORKS All rights reserved

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える