• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

三木孝浩、映画監督デビュー5周年!映画上映イベント「三木孝浩filmo day」開催決定

大ヒット映画「僕等がいた」「ホットロード」「アオハライド」などを手掛けた恋愛青春映画の名手・三木孝浩。三木の映画監督デビュー5周年を記念し、11月8日(日)、ユーロライブ(渋谷)にて映画上映イベント「三木孝浩filmo day ~音楽と映画~」が開催されることが決定した。

イベントでは、これまでの監督作品8本の映画の中から、音楽をモチーフにした映画「ソラニン」「管制塔」「くちびるに歌を」を上映する。

「管制塔」は、2011年の公開当時、ロケ地である稚内での先行上映と東京・大阪にてわずか2週間限定で上映された貴重な作品で、ニューヨーク、ロンドン、ノルウェー、シカゴでの国際映画祭で高い評価を受けた幻の傑作。主演は本作品が映画初出演にして初主演の山﨑賢人で、今では若手注目俳優の山﨑の初々しい演技も見どころとなっている。

宮﨑あおい主演の大ヒット映画「ソラニン」は、ミュージックビデオ監督出身ということを演出に生かした三木の長編映画デビュー作で、新垣結衣主演の感動作「くちびるに歌を」は、初めてラブストーリーではない本格的な人間ドラマに挑んだ作品だ。

本イベントでは、三木作品出演者からの映像コメントをスクリーンで上映するほか、ゲストを招いての舞台あいさつも予定されており、これまでの映画作品を振り返りながら当時の秘話を語る。さらに、会場ロビーでは三木が監督した作品パッケージを販売。会場でパッケージを購入した方は終演後の「三木孝浩サイン会」に参加できるという、ファンにはたまらない企画も。

三木は、「昨年「くちびるに歌を」を撮り終えて、ふとこれまでの自分を振り返った時に、“あぁやっぱり自分の作品は音楽によって背中を押されてるんだなぁ”と実感する瞬間がありました。音楽が翼になって、見たかった風景(シーン)を求めて旅をする。それはMVディレクター時代から変わらない自分の創作の源でもあります。そうして創ってきた映画たちを、今回あらためて皆さんに観ていただける機会ができたことをとてもうれしく思います。そういえば、今回の上映作品すべてに歌うシーンが出てきます。僕の映画というよりは、僕の好きな音楽を集めたライブ気分でぜひ一緒に楽しんでいただければうれしいです」とコメントを寄せている。

作品ごとに出入り自由、まるで音楽ライブフェスのような映画上映イベント「三木孝浩filmo day ~音楽と映画~」は、11月8日(日)ユーロライブにて開催される。

【イベント概要】
■開催日時:2015/11/8(日)開場10:00/開演10:15/終演17:00頃
■場所:ユーロライブ(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS2階/TEL:03-3461-0211)

■上映作品:映画「ソラニン」「管制塔」「くちびるに歌を」
※三木孝浩×ゲストによる舞台あいさつあり

■チケット料金:2,000円(税込) ※チケット1枚で上映3作品と舞台挨拶をご覧いただけます。作品ごとに出入り自由です。

■プレイガイド:スターダストチケット
米詳しくはイベント公式HP(http://www.stardust-directors.jp/event_mikifilmoday2015)をご確認ください。

【上映作品情報】
「ソラニン」(2010年公開)
出演:宮﨑あおい、高良健吾、桐谷健太、近藤洋一(サンボマスター)、伊藤歩 ほか
原作:浅野いにお『ソラニン』(小学館ヤングサンデーコミックス刊)
脚本:高橋泉
監督:三木孝浩
メイン・テーマ:ASIAN KUNG-FU GENERATION「ソラニン」(キューンレコード)
エンディング・テーマ:ASIAN KUNG-FU GENERATION「ムスタング(mix for 芽衣子)」(キューンレコード)
(C)2010年浅野いにお・小学館/「ソラニン」製作委員会
公式HP:http://solanin-movie.jp/

「管制塔」(2011年公開)
出演:山﨑賢人、橋本愛、松田美由紀、利重剛 ほか
脚本:持地佑季子
監督:三木孝浩
主題歌:Galileo Galilei「管制塔(acoustic)」(SMEレコーズ)
(C)2011 Sony Music Entertainment (JAPAN) Inc. /SME Records Inc.
公式HP:http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/galileogalilei/eiga/

「くちびるに歌を」(2015年公開)
出演:新垣結衣、木村文乃、桐谷健太、恒松祐里、下田翔大、葵わかな、柴田杏花、山口まゆ、佐野勇斗、室井響 ほか
原作:中田永一「くちびるに歌を」(小学館刊)
脚本:持地佑季子、登米裕一
監督:三木孝浩
主題歌:アンジェラ・アキ「手紙~拝啓十五の君へ~」(EPICレコードジャパン)
(C)2015 『くちびるに歌を』製作委員会(C) 2011 中田永一/小学館
公式HP:http://kuchibiru.jp/

【三木孝浩プロフィール】
1974年8月29日徳島県出身。映画監督・映像ディレクター。早稲田大学第一文学部卒。大学在学中、自主映画「青空」で早稲田インディーズフィルムフェスティバル/グランプリを受賞。卒業後、多数のミュージックビデオを監督し、MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2005/最優秀ビデオ賞、SPACE SHOWER Music Video Awards 2005/BEST POP VIDEOなどを受賞。以降、ショートムービー、ドラマ、CM等、活動を広げる。JUJU feat. Spontania『素直になれたら』のプロモーションの一環として制作した世界初のペアモバイルムービーでカンヌ国際広告祭2009/メディア部門金賞などを受賞。2010年、映画「ソラニン」で長編監督デビュー。長編2作目となる映画「僕等がいた」(2012)が、邦画初の前・後篇2部作連続公開。その他の長編作品として「陽だまりの彼女」(2013)、「ホットロード」(2014)、「アオハライド」(2014)、「くちびるに歌を」(2015)がある。自身初のミステリー作品となるWOWOW 連続ドラマW「闇の伴走者」が今春放送された。

「三木孝浩filmo day ~音楽と映画~」オフィシャルサイト:
http://www.stardust-directors.jp/event_mikifilmoday2015

三木孝浩最新情報:http://www.stardust-directors.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える