• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『花燃ゆ』クランクアップ!井上真央「ともに悩み戦い、得た絆や言葉が宝ものに」

 大河ドラマ『花燃ゆ』のクランクアップセレモニーが、10月14日(水)に行われ、井上真央、伊勢谷友介、東出昌大、檀ふみ、原田泰造、森永悠希、久保田磨希、脚本家の小松江里子が登壇した。

 井上が1人で壇上に上がりくす玉割りなどが行われた後に、共演者たちが花束を持って現れ、井上と熱いハグを交わしながら、クランクアップの喜びを分かち合った。

 共演者たちは、「ずっと現場の芯として立ってらして、本当に心強かった」(伊勢谷)、「真央さんが中心にいたので、僕らも甘えて精一杯生涯をまっとうすることができました」(東出)などと労いの言葉を井上にかけた。そんな中、檀は「真央ちゃんみたいに、これほどみんなに尊敬され、信頼され、愛された大河の主役はいなかったと思います。本当にすばらしい女優」と讃えつつ、「真央ちゃん、私を一生母上だと思ってください。そして、おむつを替えて、看取ってください」と冗談を交えながらの申し出で、笑いを誘っていた。

 井上は、「『花燃ゆ』の主人公は大河らしからぬ、偉人ではなく、普通の人でした。私も、きらびやかな姫をやってみたいなと思ったこともあったのですが、私らしいかなと。何かを成し遂げた人ではなく、その裏で賢明に生き、悲しみ、苦しんだ家族や仲間を描きたい、そこから志を継ぎ、命を継いでいって、権力も何も持たない女性たちが一生懸命に生きた姿を描きたい、その想いに私も心を動かされて、この作品をやろうと思いました」と振り返った。

 また、これまで視聴率がふるわず苦戦したことについて、「いろんな厳しい意見も耳にしましたが、主演として、自分ができることは何かなと毎日のように考えていました」と声を詰まらせながらも、続けて「私にできることは、誰に何を言われても、堂々と立っていること。いろんな人から評価されることよりも、悩み戦って、励まし合う中で得た絆やいただいた言葉などのほうが、遥かに自分にとっての喜びや宝ものになりました。こんなに自分自身が成長できた作品はないなと思っております。私が支えてもらったように、今度は誰かを支えられるような、何かの作品を支えられるような役者になって、また皆さんの前に堂々と立つことができたらいいなと思います。本当に感謝します、ありがとあんした」と笑顔で感謝。

 また、同ドラマの中では、“志は何か”と自他ともに問うシーンが多く描かれたが、それに関連して“新しい志は?”という記者からの質問に、井上は「朝ドラのときもそうだったんですが、燃え尽きてしまいそうで…。規則正しい生活をしていたので、ダメ人間になってしまわないように、たとえ撮影が終わっても規則正しい生活をすること…と、とりあえずそんな目標を持ってみます(笑)」と目標を掲げた。

大河ドラマ『花燃ゆ』
公式HP(http://www.nhk.or.jp/hanamoyu/
■NHK総合 後8・00〜8・45
再放送:翌土曜日 後1・05〜1・50
■BSプレミアム 後6・00~6・45

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える