• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

井上真央が本音トーク!『花燃ゆ』群馬編、ゆかりの地の旅する特番を明日朝放送


「新しい日本を作る 新しい日本人を育てる」という志を持ち新天地で奔走する主人公・美和の姿が描かれる群馬編に突入した大河ドラマ『花燃ゆ』。舞台となる群馬県の富岡製糸場やドラマのゆかりの地を訪ねる特別番組「井上真央が誘う『花燃ゆ』と世界遺産の旅~楫取素彦の素顔~」(NHK総合)が、明日10月17日(土) 前9・30から放送される。

 最終ステージとなる群馬編の軸となるのは、美和(井上真央)と楫取素彦(大沢たかお)の夫婦。同士ともいえる2人の大人の愛の物語も群馬編の見どころの1つと言える。歴史上あまり知られていない楫取素彦だが、幕末から明治の日本の近代化と深く関わっており、女工の活用で知られた富岡製糸場が廃止の危機に陥ったときにその存続に尽力し、日本の近代化の模範として地方の活性化を導くなど先見の明を持った人物であった。さらに、美和が前夫・久坂玄瑞(東出昌大)と交わしていた手紙を、再婚時に「大事に取っておけばいい」と語りかけるなど、度量の大きな優しさにも溢れていた。

 今回の特番では、群馬県を舞台に、世界遺産の富岡製糸場と『花燃ゆ』ゆかりの地を訪ね、ドラマの終盤の軸となる楫取と美和の夫婦像と、日本近代化の歴史に触れる旅をする。歴史紀行番組として魅力的に描きつつ、歴史上無名な楫取の男としての魅力、紆余曲折を経て楫取の人生のパートナーとなる美和の奮闘ぶりなど、井上真央と有働由美子アナウンサーが「本音で女子トーク」を展開しながら、クライマックスへ向かう『花燃ゆ』の魅力を伝える。

「井上真央が誘う『花燃ゆ』と世界遺産の旅~楫取素彦の素顔~」
■放送日:
NHK総合 10月17日(土) 前9・30~9・54
再放送:NHK総合 10月25日(日)後1・55~2・19

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える