• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

田中圭がドラマの影響で株に興味津々!?「撮影が終わったら株を買おうと思います」

 10月23日(金)から放送されるBSスカパー!連続ドラマ「恋の時価総額」の取材会が行われ、田中圭、木南晴夏、中村静香、波岡一喜が出席した。

 本作は、「私をスキーに連れてって」「彼女が水着にきがえたら」「波の数だけ抱きしめて」などの大ヒット作品を生み出し、バブル時代のラブコメディ代表として今も支持され続けているホイチョイ・プロダクションズの馬場康夫が制作総指揮を担当。

 ドラマを通じ若者のライフスタイルに影響を与えてきた馬場が“モテる男”に必要なアイテムとして選んだのは、スキーでもサーフィンでもなく、すばり“株”。30歳前後の男女それぞれ2人ずつが隣の部屋に住むマンションで繰り広げられる4人の恋愛模様と、デイトレーダーが発信する株や経済情報などが絡み合い、毎回とんでもない事件が巻き起こる。「カブ」と「ラブ」をめぐる物語をシチュエーションコメディで描く、全く新しい形のラブコメディ。

 人ころがしが抜群にうまいテレビプロデューサーを演じる田中は「共通点どころか、一緒に仕事をしたくない人」とバッサリ。「でも、キャラクターがたっているせりふが多いので、あまり役を作りこまずに演じています」と役作りを明かした。

「株のディーラー役を演じる波岡のせりふの量の多さが見どころ」と木南が話すと、波岡も「尋常じゃない量をしゃべってます。2日で3話を録るんで、ちょっと尋常じゃないですよ。スタートからカットまでが10分以上あったりするくらい長回しで撮っているので吐きそうになる」と膨大なせりふな上、タイトな撮影状況に苦戦している様子。

 しかし、波岡はその膨大なせりふ量のおかげで株の知識を覚えたそうで、「僕自身も株に興味が湧いてきた。僕らの中でも株を始めようか、という話が出てるくらい」と話すと、田中も「じゃあ、このドラマが終わったら記念にスカパー!の株をみんなで買おうか!」とノリノリで提案していた。

 また、4人全員が片思いをしているということで田中は「意中の相手が交錯しているので、一方通行の恋をちょっとしたせりふのかけ違いで表現しているので、そのドタバタ劇も見どころ。個人的にも、最終回でこの恋模様がどうなるのか楽しみです」と語った。

“おまけチャンネル”BSスカパー!開局1周年をかざる『恋の時価総額』は、10月23日(金)より毎週午後9時から放送。第1話は無料放送。

『ホイチョイドラマ 恋の時価総額』
初回放送:10月23日(金)
放送日時:毎週金曜日午後9時~ 45分・全10話
出演:田中圭、木南晴夏、中村静香、波岡一喜ほか
制作総指揮:馬場康夫(ホイチョイ・プロダクションズ)
演出:波多野健(イースト・エンタテインメント)
脚本:吉高寿男、山中隆次郎
企画協力:ホイチョイ・プロダクションズ
制作協力:イースト・エンタテインメント
製作著作:スカパー!
チャンネル:BSスカパー!(BS241/プレミアムサービス585)
視聴方法:第1話は無料放送。第2話以降はスカパー!のいずれかのチャンネルまたはパック・セットなどの契約者は無料で視聴可能
※スカパー!オンデマンドでは放送終了後にスマートフォン、PC、タブレットで見逃し放送を実施
公式HP:http://www.bs-sptv.com/kojika/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える