• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

成宮寛貴“戦うプリンセス”を絶賛「一本筋の通った女性はとても素敵」

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.

 映画「PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~」(10月31日(土)公開)の3D吹き替え版完成披露試写イベントに、日本語吹替え版の声優を務める成宮寛貴と水川あさみが登壇した。

 主人公・ピーターが成長する過程でキーパーソンとなる若き日のフック船長の声を担当した成宮。子供のころから「ピーターパン」が大好きだったという成宮は「キャスティングされたときは、このお仕事をしていてよかった!と思いました」と語る一方、「普通の会話劇ではなく映像も大迫力なので、自分が台本でイメージをしている3倍は頑張らないと演技が伝わらない点が難しかったです」と苦労も明かした。また、戦うプリンセスのタイガー・リリーを演じた水川は、本作で吹替え初挑戦。「声のお仕事はもともとすごく興味があってやりたいと思っていたのですが、いざ挑戦してみるとすべてが初めてで不安もあったり、収録期間中はいろんな感情があふれていました」とアフレコを振り返った。

 映画の見どころについては「この映画ではピーターの出生の秘密が明らかになるんです!ピーターの母親と、ヒュー・ジャックマンさん演じる黒ひげの関係など、人間関係の部分に注目してほしいです」(成宮)、「映像も3Dですごくキレイですし、全編ワクワクするんですが、タイガー・リリーとフックが互いに惹かれあっていく恋愛模様がすごく淡くてキュンキュンしてしまいます」(水川)と、それぞれ注目ポイントを熱く語った。

 MCから「フックのような男性をどう思う?」と質問が飛ぶと、水川は「素敵だと思います。キザなことを言うんだけど、タイガー・リリーにあしらわれてしまう不器用なところがピーター以上に少年のようでとてもかわいいです」と。また、「タイガー・リリーのようなミステリアスで自立した女性をどう思うか?」の質問に対し成宮は「自然の中で生きていて、皆を守るために戦う一本筋の通った女性はとても素敵だと思います。フックのような人生をナナメに見ている男性は間違いなく惹かれると思います!」と回答し、お互いの演じたキャラクターの魅力を語った。

 本作は、「ハリー・ポッター」シリーズのスタジオが贈る、普通の少年がピーターパンになるまでの秘められたドラマを描く感動のファンタジー超大作。日本でも人気の俳優ヒュー・ジャックマンが、悪の海賊・黒ひげ役を好演している。10月31日(土)公開。

「PAN~ネバーランド、夢のはじまり~」     
10月31日(土)3D/2D 字幕版/日本語吹替版 全国ロードショー
配給:ワーナー・ブラザース映画

公式HP http://wwws.warnerbros.co.jp/pan/

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える