• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」R2-D2を模したジェット機で遊覧フライト実施

(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

「スター・ウォーズ」最新作にして、新たな3部作の1作目となる「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(12 月18日(金)18:30より全国一斉公開)。ANAの「STAR WARSプロジェクト」としてR2-D2を模したジェット機がついに完成し、公開まで2か月に迫った10月17日(土)、本就航に先立ち初めて一般参加者が搭乗した遊覧フライトが実施された。

 本作が公開となる2015年“STAR WARS YEAR”の盛り上がりは、2月に北海道で開催された「第66回さっぽろ雪まつり」の「雪のスター・ウォーズ大雪像」、4月の「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」(東京から順次全国開催)、そして田んぼアートや「砂のスター・ウォーズ」のお披露目など、12月の映画公開前にしてその熱気は日本各地へ勢いを増している。

 今回行われた遊覧フライトでは、ANAの「STAR WARSプロジェクト」の一環として最初の特別塗装機でもある『R2-D2 ANA JET』が登場。本ジェット機の塗装はアメリカのボーイング・シアトル工場で行われ、WEBサイトで塗装~離陸までの動画がアップされると、そのクオリティの高さに日本はもちろん世界でも話題沸騰となっていた。

 当日は、今回が日本初フライトということもあり、「スター・ウォーズ」のファンもコスプレで集結するなど参加者も気合十分。機内には、ジェット機限定のR2-D2仕様の特別ヘッドレストカバーが装着されているほか、R2-D2が刻印されたオリジナルクッキー、R2-D2の絵柄がプリントされたオリジナル紙コップなど、「スター・ウォーズ」一色の機内にファンたちは大興奮。「スター・ウォーズ」のテーマ曲が流れ、機内照明がライトセーバーをイメージした赤・青・緑の3色の照明で統一されるといった演出(今後も毎回実施予定)を受け離陸すると、機内では拍手が沸き起こった。

 また、機長から「ハンソロに代わりまして~」とアナウンスがされたほか、最後はスター・ウォーズ名文句「may the Force be with you」で締めくくられるというサプライズアナウンスに、次々と驚きと歓喜の声が上がった。搭乗者からは、「この日を心待ちにしていた。昨日から眠れずこの日を迎えた」「素晴らしい乗り心地。宇宙まで飛んでいきたくなりました」と、喜びと興奮の声が多数寄せられた。

R2-D2 ANA JETは、10月18日(日)より羽田発バンクーバー行きとして就航した。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
公開日時:12月18日(金)後6・30 全国一斉公開

監督:J・J・エイブラムス
プロデューサー:キャスリーン・ケネディ、J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク
製作総指揮:ジェイソン・マガトリン、トミー・ハーパー
脚本:ローレンス・カスダン
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える