• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

超新星ソンモ、主演映画「僕たちの日記」舞台あいさつで京都を満喫

 ソンモ from 超新星の主演映画「僕たちの日記」が10月17日(土)にイオンシネマ京都桂川でワールドプレミア上映され、主人公の高校生を演じるソンモが舞台あいさつに登壇した。

 10月15日(木)~18日(日)に開催された「京都国際映画祭2015」の特別招待作品に選ばれた本作は、1980年、韓国の社会的転換期に青春時代を彷徨っていた青年たちの喜怒哀楽を描いた韓国の青春映画。

 舞台あいさつのチケットが完売し、世界最速上演後とあってファンの熱気に包まれた劇場内に颯爽と現れたソンモは、「『京都国際映画祭』に招待されて本当に光栄だし、皆さんのおかげだと思いますので感謝しております」と丁寧にあいさつ。司会者から「日本語がものすごく上手ですね」と褒められると、「緊張してちょっと…頭が真っ白です(笑)」と頬を赤らめた。

 撮影はソンモの故郷である韓国・釜山で1か月にわたって敢行。劇中では釜山弁を披露しているソンモだが、「釜山で生まれ育って、二十歳から10年間ソウルに住んでいます。釜山弁を10年間使わなかったから、全部忘れちゃったんです(笑)」と意外な苦悩を明かし、「台本をもらってから、釜山に住んでいる友達に『これちょっと言ってくれ』って電話をして教えてもらいました」と振り返った。

 また、同世代の共演者については「友達役で仲良くしなきゃいけないのに、僕は超新星のライブやミュージカルのスケジュールがあって撮影前までに1回しか会えなくて。みんな僕より1~2歳年下ですが、打ち合わせのときに一杯飲みながら仲良くなった。撮影が終わってからも『おい』とか呼ばれて(笑)、それくらい仲良しになるほど楽しく撮影できました」と劇中と同様に友情を育んでいる様子。舞台あいさつは1人きりでの参加となり、「みんな韓国で俳優として活動していてスケジュールが合わず、今日は来られませんでした」と寂しがる場面も。

「京都国際映画祭」のために、10月14日(水)から京都に滞在していたというソンモ。観光も楽しんだ様子で、「先斗町はすごくきれいな街で本当に好きです。湯葉や、野菜も種類が多くて食べ物もおいしいかった。家族を誘って絶対にまた旅行で来たいです」と声を弾ませた。最近ではソロとして昼ドラ『別れたら好きな人』(フジテレビ系)の主題歌「still love you」を担当し、10月29日(木)には同ドラマにゲスト出演も決定。ドラマについて聞かれると、「せりふもあったし、日本のドラマに出演することができてよかったと思います。もしかして視聴率がよかったら…(笑)。ぜひ見てください」と笑顔でアピール。最後に「僕は韓国へ帰って、皆さんの前に立つために明日から練習します。すぐ戻ってきます」と再会を約束し、女性客の熱い声援を受けながら会場を後にした。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える