• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「中森明菜さんの『少女A』が十八番」筧美和子、カラオケ大熱唱で“MAD”に

 Blu-ray&DVDが発売中の「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のリリース記念MAD音試写会に、筧美和子と映画パーソナリティーのコトブキツカサが登場した。

 筧は、本作のヒロイン・フュリオサをイメージした、ややワイルド目の衣装を身にまとい、「普段は着ない衣装なので、ワイルドで野性的な気分です。今日はワイルドで行きます!」と意気込んだ。シャーリーズ・セロン演じるフュリオサは、女性らしさを消したワイルドな坊主頭。筧は、「フュリオサ役を演じられるならば、坊主になります!」と宣言するほど、意思が強く仲間思いな役どころにほれ込んだ様子。

 第1作は1979年に公開された「マッドマックス」シリーズ。もちろん筧は生まれていないため、過去3作は観たことがない。「シリーズを知らなくて観たことがなかったけれど、のめりこみました! アクション映画だし、女の子が観る映画ではないと思っていたけれど、観た感想は、”とにかく、すごかった!”の一言に尽きます。カーアクションが、今まで観たことないスゴイ動き。姉と観たんですけど、うるさいって言われるほど、キャーキャー言いながら観ました。女性も、若い人も先入観なしで楽しめる作品なので、どんどん観てほしい!」と大興奮で鑑賞したことを明かした。

 筧の感想を受け、コトブキも納得の様子。「この作品のように、全世界で大ヒットする映画には、必ず若い女性の支持がある。これは、アクション作品でありながら、初めて国際映画批評家連盟が選ぶグランプリ作品に輝いた。『マッドマックス』シリーズが、アクション映画を変えた。映画界のエポック的作品です。ジョージ・ミラー監督の緻密な計算で創り上げられた素晴らしい作品です。Blu-rayに収録されている特典映像には、メイキングも多数入っていて、監督の頭の中に入った気分になれます。素晴らしい映画はたくさんありますが、この映画は特別なので、見逃さないでほしい」と訴えた。

 また、“MADなできごと”を聞かれた筧は、「おととい友達とカラオケで懐メロを大熱唱してMADになりました! 中森明菜さんの『少女A』が十八番です」と意外な一面を明かした。

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
10月21日Blu-ray&DVDリリース、デジタルレンタル配信開始
Blu-ray&DVDセット \3,990+税 3D&2Dブルーレイセット \5,990+税
デジタルセル先行配信中
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
(C)2015 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える