• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ボクサー引退のしずちゃんがアクション女優に!?「アクションのオファー待ってます!」

TM&(C)2015 LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.

 全3作の累計世界興行収入が2700億円を超え、その壮大なストーリーと奇抜な設定で全世界を魅了している「ハンガー・ゲーム」シリーズの完結編となる、映画『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』が、11月20日(金)に全世界同時公開される。

 本作の公開まで約1か月となる10月21日(水)、劇中で繰り広げられる究極のサバイバル・ゲーム“ハンガー・ゲーム”を仕掛ける大統領と、その国家に立ち向かう主人公のヒロインにちなみ、“戦うヒロイン代表”として、しずちゃんこと南海キャンディーズの山崎静代をゲストに迎え、本作の大ヒット祈願イベントを実施した。

 会場に現れたしずちゃんは、“世界一稼いだ女&世界一セクシーな女”に選ばれたジェニファー・ローレンス演じるヒロインと同じく、闘志みなぎる赤い戦闘服で登場。「完コピですね(笑)。赤だと戦闘力が上がった感じです」とかなりご機嫌。予告編を観て「とにかくアクションがカッコイイし、凄い!かなり楽しみです。“最強・最高”のアクションだと思います。自分も戦っていたので、戦う女性はいいなと思います」と戦うヒロイン代表として、本作への期待と主人公カットニスへの共感を語った。

 また、主人公に命の危機がたくさん訪れるという完結編の物語を聞くと、「男性にはパワーでは勝てない。女の武器を生かして、相手を色気で悩殺してクラクラにさせている間に急所を攻めます(笑)。自信あります」というしずちゃんの余裕の一言に会場は大きな笑いに包まれた。MCから映画のタイトル「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」にちなみ、最近起こった革命的(=レボリューション)な出来事を聞かれると、ニュースでも大きな話題となったボクサー引退話に。「大きな決断でした。次のステージへの革命を起こしたいです。これから頑張ります」と決意を見せた。

 そんな戦うヒロイン、しずちゃんに映画さながらのアクションを披露してもらおうとサンドバッグが用意された。「久しぶりにグローブはめました。懐かしいです」と不安な様子ながらも、相方の山里亮太を彷彿とさせる赤メガネのイラストが張られると、闘争本能が突然目覚めたかのようにゴングの音とともに怒涛のスパーリングを開始。グローブを置いたばかりにもかかわらず、相方を意識した力強いパンチのラッシュで報道陣を圧倒した。さらには、イベントの本命といえる、主人公カットニスが弓矢を得意とすることにちなんだ、“完結”と書かれた的を射抜くアクションを披露。映画の大ヒットを願いながら放った矢は、なんと一発で的に命中。用意されたくす玉が開き「戦うヒロイン 完結!」の垂れ幕が出現すると、拍手喝采。しずちゃんは「さっきまでは全然できなかったけど、映画のヒットを祈り、本番で成功させました。アクションのオファー待ってます!」と今後は、本シリーズで大ブレイクしたジェニファー・ローレンスのように、アクション女優としての道も視野に入れているようだった。

 映画公開まで約1か月。10月23日(金)には、前作「ハンガー・ゲームFINAL:レジスタンス」のDVDも発売されるので、完結編の公開を前に、こちらも併せてチェックしよう。

『ハンガー・ゲーム FINAL: レボリューション』
11月20日 全国ロードショー
配給:KADOKAWA

http://www.hungergames.jp/

<ストーリー>
 宿命のヒロインの戦いは、ついに最終戦争へ!カットニス率いる第13地区の反乱軍はついに、スノー大統領が支配する独裁国家との最終戦争に突入。ゲイル、フィニック、そしてピータを従え、カットニスはスノー暗殺作戦を決行。しかし一行は、死のトラップや無数の敵に直面。それはまさにスノーが仕掛けた戦争という名のハンガー・ゲームだったのだ。そして、これまでのどのゲームの戦闘よりも困難な状況に陥る。その先には、予想だにしなかった衝撃的なラストが待ち受けているのだった。

TM&(C)2015 LIONS GATE FILMS INC.ALL RIGHTS RESERVED.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える