• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

秋元才加、アクションに自信「ロッキーみたいな体にしたい」

『牙狼<GARO>』シリーズ誕生10周年記念作品として製作され、第28回東京国際映画祭のパノラマ部門に出品されている劇場版『媚空-ビクウ-』。10月22日(木)の映画祭オープニングに合わせて開催された舞台あいさつに、主演の秋元才加のほか、須賀健太、朝倉えりか、佐野史郎、大橋明監督、雨宮慶太総監督が登壇した。

 TVシリーズ『牙狼<GARO>-魔戒ノ花-」で登場した媚空を主人公に据えることについて雨宮総監督は「以前から秋元さんとお仕事をしたかったんですが、TVシリーズで実現し、その時のエピソードが素晴らしかったので、ぜひ単体の物語を見てみたいと思いました」と説明。

「次につながった、チャンスをいただいたという気持ちが大きかった。従来の『牙狼<GARO>』のファンの方、そして『媚空-ビクウ-』を通して『牙狼<GARO>』に触れる方にも楽しんでもらえる作品にしたいと思いました」と、本作の話が決まったときの心境を振り返った秋元。

 アクションシーンについて秋元は「自分的にはまだいけたという思いがあります。次、もし機会があったらロッキーみたいな体にしたい!」と語り会場は笑いに包まれた。須賀も今回の凄まじいアクションに強い思い入れがあるようで「映像でアクションを残せることがうれしい」と笑顔で語った。

 また、本作の主題歌「繊月~光と闇の傍で~」も担当している秋元は、同曲について「媚空の内面を代弁しており、歌詞に耳を傾けて聴いていただくと、アンサーソングになっています!」とアピール。

 映画祭オープニングイベントのレッドカーペットでは、秋元らは多くのマスコミの取材をうけつつファンの声援に応え映画祭を盛り上げた。東京国際映画祭のレッドカーペットを初めて歩いた秋元は「もっとレッドカーペットって粛々と行われるものかと思っていたのですが、お祭りみたいで本当に楽しかったです。これをきっかけに『媚空-ビクウ-』が世界中に広がってくれるといいなと思っています」とコメント。須賀は「東京国際映画祭でレッドカーペットを歩くのは初めてなので、すごい所にきたなあと思いました」と語り、朝倉は「あったかく迎えてくださって、すごく感謝しています」と、ファンに感激していた。

牙狼<GARO>10周年記念作品・劇場版「媚空-ビクウ-」は、11月14日(土)より新宿バルト9ほかにて公開。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える