• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

馬場徹、矢崎広らも出演!早乙女太一主演「神州天馬侠」明治座で上演中

「神州天馬侠」左から市瀬秀和・矢崎広・早乙女太一・馬場徹・山下翔央

 明治座創業140周年記念「早乙女太一主演公演」上演初日が報道陣に公開された。

 今年で4回目となる明治座の早乙女太一主演公演は、「神州天馬侠」「早乙女太一舞踊ショー」の二部構成。

 第一部「神州天馬侠」は、時代小説の大家・吉川英治のこれまで何度も映像化されてきた和製エンターテインメントを初めて本格的に舞台化。織田・徳川に滅ぼされた武田家の遺児・伊那丸を早乙女が演じ、馬場徹、鈴木亜美、矢崎広ら若手人気俳優や、波乃久里子、松村雄基など実力派ベテラン俳優が脇を固める全二幕の痛快冒険活劇。

 第二部「早乙女太一舞踊ショー」は、百年に一度の天才と評される早乙女の女形、早変わり、太鼓など、鋭い感性と卓越した技術力の紡ぎだす独自の世界をさまざまなジャンルの音楽に乗せて一気に楽しめる30分のエンターテインメント。

 早乙女太一は、「吉川英治原作『神州天馬侠』は、岡村俊一さんならではの激しい殺陣やエネルギッシュな演出が満載で、今回は同世代の出演者も多く、稽古場からみんなでアイディアを出し合い、息を合わせながら芝居を作り上げていくことができました。私が演じる武田伊那丸は道中でさまざまな人や仲間と出会い成長を重ねていきます。芝居を通じて仲間の大切さや命の重みをお伝え出来ればと思っています」と内容を説明。「創業140年を迎える明治座の舞台に立たせていただけることを大変光栄に思っております。出演者・スタッフ一同、心をひとつにして皆さまにお楽しみいただける舞台をお届け出来るよう、精いっぱい努めて参ります」と初日を迎えた公演に対してコメントを寄せた。

 明治座創業140周年記念「神州天馬侠」「早乙女太一舞踊ショー」は、4月27日(土)まで東京・明治座で上演中(A席10500円、B席5250円/舞踊ショーのない4月11日(木)、17日(水)、25日(木)の午後7時公演はA席8400円、B席5250円)。

明治座 早乙女太一主演公演「神州天馬侠」
出演・早乙女太一
馬場徹 鈴木亜美 山崎銀之丞 市瀬秀和/矢崎広/酒井敏也/山下翔央 荒井敦史(D2)/松村雄基/波乃久里子ほか
特設サイト(http://www.meijiza.co.jp/info/2013_04/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える