• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

Funky Galaxy from 超新星、デビューイベントで「ファンの皆さんが僕たちを幸せにしてくれた」

 超新星のグァンス、ジヒョク、ゴニルによる新ユニットFunky Galaxy from 超新星が、デビューミニアルバム「Funky Galaxy」の発売日となる10月28日(水)に都内でデビュー記念イベントを開催した。

 イベント会場となった東京・池袋サンシャインシティの噴水広場は、2009年9月13日に超新星の6人が日本デビューイベントを開催した思い出の場所。再び“新人”として同じステージに立った3人は、会場に詰めかけた大勢のファンに満面の笑みを見せ、「6年前にメジャーデビューした超新星のラッパーチーム3人が、6年後にまたここでFunky Galaxyとしてデビューすることになりました。デビューのころからずっと僕たちを支えてくれたファンの方もいらっしゃると思うので、MILKY WAY(ファン)に感謝します」(グァンス)、「本当に懐かしいですよね。6年前、ゴニルと僕はここで泣きました(笑)」(ジヒョク)と感慨深い様子で当時を振り返った。

 ユニットでデビューするにあたり、ほかのメンバーからも祝福されたようで、ゴニルは「ソンモ君、ユナク君 、ソンジェ君からも『おめでとう』というメッセージがきてすごくうれしかった。3人も今日ここに立つことができなくて残念って言ってたんです。6年前の思い出がある場所なので、皆さんと一緒に時間を過ごしたかったって話してたんですけど、韓国に帰ったら僕たち3人のためにたくさんの方が会いに来てくれたことをちゃんとメンバーにも伝えますので、皆さん今日は本当にありがとうございました」とファンに感謝を伝えた。

 イベントでは、トークに加えてデビューミニアルバム「Funky Galaxy」から、「Second Chance」「Funky☆Star」を披露。さらに、女王蜂のアヴちゃんがスペシャルゲストとして登場し、アルバムに収録されているコラボレーション楽曲「ジーザスfeat.アヴちゃん from 女王蜂」を熱唱した。

 Funky Galaxyの印象についてアヴちゃんは「初めてお会いしたときに、女王蜂の曲を知ってくれてて、『何で知ってんの?』から入りました(笑)。真摯でめちゃくちゃ優しくて、男前は中身まで男前なんやなと思いました」と大絶賛。すると、「アヴちゃんは才能がすごいと思いました」(グァンス)、「性格もかわいいし優しい。グァンスと僕は女王蜂のコンサートにも行ったんですが、舞台の上では超カッコよくてうらやましかったです(笑)」とFunky Galaxyもそれに応え、グァンスが「また違うジャンルで一緒に歌わせてもらいたいです」とラブコールを送ると、アヴちゃんも「待ってます!」と快諾していた。

「今日、皆さんがたくさん来てくれるのか心配だった」(ゴニル)と少なからず不安を抱えていた様子を見せたメンバーだが、会場には約2000人のファンが集結し、彼らに大きな声援を送っていた。「Funky Galaxyは“from 超新星”なので、6年前の気持ち、今の気持ちを忘れずに活動を続けていきたい」(グァンス)、「Funky Galaxyだけのために会いに来てくださって感謝しますし、本当に感動しました。やっぱりMILKY WAYは僕たちを愛する心が強いなと思いました。これからも超新星として、Funky Galaxyとして頑張って活動するので今ぐらい熱い応援をお願いします!」(ジヒョク)、「超新星として、Funky Galaxyとしてどうすればファンの皆さんを幸せにできるか考えてたけど、今日は皆さんが僕たち3人を幸せにしてくれた1日でした。6年前の気持ちを忘れずにアーティストとして音楽やいろんなもので皆さんをもっと幸せにさせるために頑張りますので、Funky Galaxyの音楽、超新星の音楽、ここにいない3人のメンバーまで熱い応援をよろしくお願いいたします」と改めて今後の決意を語り、ファンと新たな思い出を刻んでいた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える