• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

佐々木希主演作「縁(えにし)The Bride of Izumo」がハワイ国際映画祭ノミネート&全国公開日決定

(C)「縁(えにし)」製作委員会

 佐々木希主演最新作「縁(えにし)The Bride of Izumo」が、11月12日(木)~22日(日)にかけて開催される第35回ハワイ国際映画祭のSpotlight on Japan 部門 観客賞(HIFF Audience Award)にノミネート。併せて、全国公開日が2016年1月16日(土)に決定した。

 ハワイ国際映画祭は、1981年に初めて開催され、アジア作品を中心に、数多くの素晴らしい映画作品を世界に紹介してきた国際映画祭。日本からも多数の映画が出品されており、過去にはハワイ国際映画祭最高の栄誉である金蘭賞を、「たそがれ清兵衛」(2003)、「茶の味」(2004)等が受賞、2014 年には「思い出のマーニー」「深夜食堂」などといった作品が上映されている。

 ハワイ国際映画祭へのノミネートが決定した本作は、出雲大社による初めての映画撮影全面協力の下、神話の国・出雲を舞台に紡がれる人々を結ぶ<縁(えにし)>の物語を描いた感動のヒューマンストーリー。佐々木希を主演に迎え、多彩な顔触れのキャスト陣、さらに「恋する惑星」などで世界的に活躍するカメラマン、クリストファー・ドイルによる映像美も必見。

「縁(えにし)The Bride of Izumo」は、2016 年1 月16 日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネパレスほか全国順次公開。

■作品概要■
【あらすじ】
 東京都内の出版社に勤務する飯塚真紀(29)は大手建設会社勤務のエリート・中村和典(30)との結婚式を控えていた。そんな頃、同居する祖母のあきゑが亡くなる。あきゑの遺品を整理した真紀は、桐の箱に納められた白無垢と婚姻届の束を見つける。婚姻届の夫の欄には「秋国宗一」と書かれ、ほかは空欄となっていた。祖母の納骨のため、真紀は生まれ故郷の出雲へ向かう。そして祖母の死を伝えるため、婚姻届の住所を訪ねたが「秋国宗一」は既に転居した後だった。真紀の人探しに協力する、しじみ漁師・大森充(35)は、かつて神楽の担い手として活動していたが、周囲の出雲に対する想いとの相違に、憤っていた。真紀は出雲で充と過ごす時間の中で、自分のなかの何かが変わっていくのを感じていた。それは充もまた同じだった。そんな頃、東京に居る婚約者・和典は真紀と「秋国宗一」を繋ぐ手紙を見つける。花火大会の夜、それぞれの縁(えにし)がつながっていく。やがて、真紀は白無垢姿で嫁入りをする。そこで、出雲の花嫁・真紀を待っていたのは…。

出演:佐々木希、井坂俊哉、平岡祐太、りりィ、藤本敏史(FUJIWARA)、根岸季衣、いしだ壱成、佐野史郎、国広富之

監督:堀内博志
撮影監督:クリストファー・ドイル

公式サイト:http://enishi-izumo.com/

(C)「縁(えにし)」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える