• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

田中将大投手がAKB48公演を考案!「自分なりにバランスを考えて選曲」

(C)AKS

 11月8日(日)に、『AKB48劇場 特別公演 田中将大「僕がここにいる理由」』が公演初日を迎えた。

 本公演は、落語家・春風亭小朝による「イヴはアダムの肋骨」公演、サッカー元日本代表・岩本輝雄の「青春はまだ終わらない」公演、ジャーナリスト・田原総一朗の「ド~なる?!ド~する?!AKB48」公演に続く、AKB48を愛する著名人考案のセットリストによる特別公演の第4弾。著名人考案公演ラストとして、ニューヨークヤンキース・田中将大考案の公演が幕を開けた。

 田中は、セットリストについて「好きな曲の中から自分なりにバランスを考えて組み立ててみました」と説明。また、公演名については、「みんなにとっての原点を思い出すような公演になればいいなと思いこの公演名にしました」と命名の理由を明かした。

 田中が「この子たちの公演が観たい!」と厳選したメンバー16 名のセンターを務めるのは、次期総監督の横山由依。横山は「総監督というと野球のイメージがありますので何か縁があるのかなと思います。この公演で改めて劇場がすごく大切なんだということを再認識できたので、ファンの皆さんにもそう思っていただけるように、みんなで一生懸命がんばりたいと思います」と意気込みを語った。さらに、「田中投手に選んでいただいたメンバーが、これからのAKB48を作るのに大事なメンバーが多くて、この公演をこのメンバーで今のタイミングでやらせていただけるのは、すごく意味のあることだと思うので、1回1回噛み締めてやっていきたいと思います。このタイトルのように、ここ(劇場)が原点ですし、ここが大事で、ここからもっと羽ばたきたいなと改めて思いました。会いに行くアイドルとなって、ニューヨーク公演をやらせていただきたいですね」と今後の希望も明かした。そして、ファンに向けては「この公演は希望系の曲が多く、明るく元気になるセットリストだと思いますので、メジャーリーグまでこの想いが届くように一生懸命歌いますので、皆さんも観にきて下さい」とメッセージを残した。

 ユニットでは、メンバー同士でも‘意外’というほどの新鮮な組み合わせとなった。「君はペガサス」では、普段かわいらしい曲が多いイメージの加藤玲奈に対し、意外にも男装風なかっこいいダンスに“ギャップ萌えした”と高評価が。また、パフォーマンスを得意とする田野優花がダンス曲として人気の「エンドロール」をやるのが初めてということに、一同も驚がく。そして、アルバム(ここがロドスだ、ここで跳べ!)曲の「友達でいられるなら」や、ノースリーブスの楽曲「青春の木漏れ日」など、歌詞が心に染みるものが多く、ファンのみならず、メンバー自身も、普段とは違うセットリストに新たな発見や気づきのある公演となったようだ。公演最後には、出演メンバー全員のサインが書かれたサインボールが投げられ、会場からは「ストライク!」と大合唱が巻き起こった。

公演名:
AKB48劇場 特別公演 田中将大「僕がここにいる理由」公演

メンバー:
横山由依(TeamA)、田野優花(TeamK)、木﨑ゆりあ(TeamB)、小嶋真子(Team4)、
島田晴香(TeamK)、 阿部マリア(TeamK)、永尾まりや(TeamK)、高橋朱里(Team4)、
加藤玲奈(TeamB)、武藤十夢(TeamK)、向井地美音(TeamK)、相笠萌(TeamK)、
茂木忍(TeamK)、湯本亜美(TeamK)、達家真姫宝(TeamB)、樋渡結依(TeamAドラフト研究生)

(C)AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える