• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「マシュマロみたいに柔らかかった」照英がダチョウ上島&狩野英孝とキス!

「キリン のどごし<生>」新CMシリーズ「なかよし、のどごし。」の新CM発表会が行われ、同CMに出演する照英、要潤、狩野英孝のほか、特別ゲストとしてダチョウ倶楽部の肥後克広、上島竜兵が登壇した。

 新しいCMシリーズ「なかよし、のどごし。」シリーズには、新メンバーとして堺雅人、矢作兼、照英、要潤、狩野英孝が出演。撮影時、要は堺の呼び間違いが気になったようで「皆さん現場では名前で呼び合っていたんですけど、堺さんが狩野さんのことを、“カノウさん”ってずっと呼んでたのが面白かったですね」とエピソードを披露すると、渦中の狩野は「ずっと間違えて覚えられてたんですよね。おぎやはぎの矢作さんにも、『もう“カノウ”で良いじゃない』ってイジられたりもして」と答えた。照英は、そんな現場について「皆和気あいあいと撮影をしながら途中で盛り上がりすぎて脱線しちゃったりもして、本当に楽しい撮影現場でした」と振り返った。

 この日、要はお手製のなかよし鍋を持参。照英、狩野らが絶賛しながら食べていると、なぜかダチョウ倶楽部の肥後、上島が乱入。実はこの2人、実は6月に「のどごし<生>」が開催した大人数で巨大流しそうめんを楽しむイベントに出演していた。「仲良しと言ったら俺たちだろ!なんでおまえたちなんだよ!」とCM起用されなかったことに怒りを見せるが、狩野から「ギネス挑戦のイベントだったのに、1人目の肥後さんで失敗したらしいじゃないですか」とツッコまれると、「何百人も(一般の方を)集めたのにね…。本当にすみませんでした!」としおらしく謝罪した。

 鍋を食べようとしていたダチョウ倶楽部だったが、会場に用意されたのは、ダチョウ倶楽部おなじみの「おでん」。上島が「聞いてないよ!俺はそういうことやりに来たんじゃないんだよ!」と怒るが、要は「やらせてください!」とまさかの立候補。その後も次々と立候補者が挙手したものの、結局「どうぞどうぞ」の流れで上島が食べることに。

 照英はノリノリで上島を押さえ始め、要がおでん上島に食べさせることに。しかし、要が「熱そうだなぁ。これ危ないよ…」と息でおでんを冷まし始めてしまい、上島は適温になったおでんに「…おいしいじゃねぇか!」とツッコミ。要の“芸つぶし”に激怒した上島は、「そんなことしたら俺たちの芸がつぶされちまうんだよ!」と言いながらいつものキス芸を披露する流れに。ロックオンされた要がするりと逃げ、狩野が「そんなこと言ったって要さんの優しさじゃないですか!」とカバーリング。すると「おい照英!おまえもそうだよ!」と照英まで巻き込まれてしまい、結果、上島、狩野、照英の3人で仲直りのキスをした。

 要は、本来は狩野がキスする予定だったことから「僕のキスは危うく逃れましたけど、リハーサルと違うことするんだなと思ってほんとにビックリしました」と驚きの表情を浮かべ、伝統芸を体験した照英は「日本のお家芸に参加できて本当に良かったです。上島さんの唇はマシュマロみたいに柔らかかった。まさか自分に来るとは…。選ばれし者になれて良かったです!」と感激した様子で語った。

「なかよし、のどごし。再会」篇 15秒 https://youtu.be/foThJvjzQPE
「なかよし、のどごし。再会」篇 30秒 https://youtu.be/EuBrmv0ROks
「なかよし、のどごし。ロマン」篇 15秒 https://youtu.be/vJshtYdV-fg
「なかよし、のどごし。ロマン」篇 30秒 https://youtu.be/Cg3Qja8Xn48

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える