• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

本田望結「滑って踊れる女優に!」

本田望結ちゃんが華麗な滑りを披露!

 平成25年に多摩・島しょを中心に都内で開催する「スポーツ祭東京2013(第68回国民体育大会・第13回全国障害者スポーツ大会)」の幕開けとして「スポーツ祭東京2013 キックオフ・フェスティバル~ここからはじまる、2013東京スポーツイヤー。~」が行われ、トリノ五輪女子フィギュアスケート選手の村主章枝、人気子役の本田望結らが登場した。

 1日スペシャルサポーターとして参加した2人は、開会のセレモニーで「東京2013を盛り上げていきます」(村主)、「私は毎日スケートを頑張っていますが、今日はもっとスポーツを盛り上げていきたい」(本田)と笑顔でコメントし、マスコットキャラクターのゆりーとと一緒に除幕を行った。

 会場には来場者が無料で楽しめるスケートリンクが登場し、本田は華麗な滑りを披露。村主選手も現役選手ならではのスケーティングを披露したほか、子供たちにスケートを教えながら一緒に楽しんだ。ほかにも、各都県がスポーツの魅力をアピールするステージやダンス好きの本田がゆりーとと一緒に踊ったり、世界各国で活躍するなわとび指導者のロック・ジャネットの指導の下、お笑いコンビのフルーツポンチが小学生と一緒になわとびを体験するプログラムなどで来場者にスポーツの魅力を伝えた。

 秋田県・福島県・東京都によるPRステージでは、村主、ロンドン五輪競泳女子400mメドレーリレー銅メダリストの加藤ゆか、三大会連続パラリンピックに出場を果たした女子走り幅跳びの佐藤真海によるパネルディスカッションが行われ、ゲストとして本田が登場。選手に自分の競技以外で好きなスポーツを本田が質問をすると、佐藤は「トライアスロンが好きで最近始めました」と回答。これに本田が「私は水泳とマラソンは好きだけど、自転車だけは乗れないの」と答え、会場から笑いが起こった。最後に、本田は「今は、滑って踊れる女優さんになりたい。大きくなったらどちらかに決めなきゃいけないけど」と将来の夢を語った。

 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える