• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

もしディズニーキャラクターに子どもがいたら…? IMALUがオーロラ姫の娘の声に挑戦

(C)Disney

 ディズニー・ヴィランズ(ディズニー映画に登場する悪役たち)の子どもたちが主人公の、ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー最新作「ディセンダント」に、IMALUが声優として参加することが決まった。

 12月18日(金)後8・00~ディズニー・チャンネルにて日本初放送となる本作品。今回IMALUは、「眠れる森の美女」のフィリップ王子とオーロラ姫の娘・オードリーの声に挑戦。美しく自信に溢れたオードリーがヴィランズの子どもたちと出会い、戸惑い、そして徐々に変わっていく姿を熱演する。

「ディセンダント」は英語で“子孫”を意味し、そのタイトル通りに“もしディズニーキャラクターに子孫がいて、10代だったら?”といいう驚くべき発想から誕生したオリジナル作品。「悪役の子どもは親と同じ悪の道に進むしかないのか?」、プリンセスやプリンスが暮らすとある王国を舞台に、悪名高き親を持つ子どもたちの心の成長や友情、自分探しがテーマとして描かれている。

 出演が決まったIMALUは「父親が関西弁でお笑い芸人なので、私も仕事を始める前は『声がガラガラなんじゃないか』なんて言われていたことがありました(笑)。私だけでなく、親の職業によって子どもがプレッシャーを感じることはあると思います。ヴィランズの子どもたちも『親のことも考えたいし、家族のことも考えたいし、でも本当の自分はこうなんじゃないかな』っていう葛藤をそれぞれ持っています。この作品を見て、いろんな葛藤と共感できるんじゃないかな、と思います。今までのディズニーの作品にはなかった新しいテーマの作品。自分自身でいることの大切さが大きいテーマとして伝わると思うので、ぜひご覧ください!」とコメントを寄せた。

ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー「ディセンダント」
12月18日(金)後8・00~
ディズニーチャンネルにて日本初放送

(C)Disney

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える