• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

生田斗真、ドッキリに動揺隠せず…後輩・山田涼介にいじられ「後で楽屋来い!」

 伊坂幸太郎の傑作小説を映画化した「グラスホッパー」が11月7日(土)に初日を迎え、主演の生田斗真、浅野忠信、山田涼介、麻生久美子、菜々緒、村上淳、佐津川愛美、瀧本智行監督が舞台挨拶に登場した。

“最強”巻き込まれ型エンターテインメントである本作にちなみ、劇中でも超個性的なキャラクターたちに翻弄され、巻き込まれていく主人公・鈴木を演じた生田にドッキリを敢行。まず、生田以外の浅野、山田らキャスト陣と瀧本監督が登場するも、舞台上には上がらずにそのまま客席最前列に着席。自分以外の登壇者が舞台で待ち受ける中での登場だと思っている生田を客席から見守るというサプライズ企画。

 事前に説明を受けた観客も含め、生田以外の全員が仕掛け人となった会場に登場した生田はキョロキョロと周辺を見渡し、客席にいるキャスト陣を見つけると「おかしいでしょ(笑)」とニヤリ。「斗真くん、こっちですよ!みなさんいきますよー!せーのっ」という山田の掛け声に観客から「初日おめでとう!!!」の声があがり、サプライズは無事に成功。

 生田は「早く来て!」とキャスト陣を舞台上に呼び込むと「俺だけ違う会場に連れてこられたのかなと思って、びっくりした」と苦笑い。そんな様子を見ていた浅野は「こんなの初めてだったので、リアクション見てるのがおもしろかった。あっこんな顔するんだなと思って(笑)」と感想を。後輩の山田が「先輩の冷静を保とうとしている顔がすごくおもしろかったです」と笑みを浮かべると、生田は「ちょっと後で楽屋来ーい!」と先輩風を吹かせた。

 自身が演じた鈴木に対し「演じるときに自分と共通している部分を探すタイプではないけど、鈴木の弱さの中にある強さとか意志の固さには憧れる部分があったので、鈴木のそういう部分を愛しながら、きちんとスクリーンを通して表現できればと思いました」と語る生田だが、「えーっ!?斗真くんに弱さありますか?男らしい先輩だと思うので、あんまり弱い部分とかはないですよ。強いて言うなら、さっきドッキリしたときのちょっとテンパっている顔じゃないですかね(笑)」と山田にいじられる場面も。

 また、役との共通点を聞かれた山田が「僕はいかんせん人を殺したいと思ったことがないので(笑)。でも、人に心を開くのが遅いほうなのでそこは似ているかな」と語るが「僕にはすごく開いてくれてる」(村上)、「僕には全部見せてくれてる」(生田)、「僕は一緒にお風呂入ってます」(浅野)と次々と正反対の意見があがり、「僕、心開きやすいタイプっぽいですね(笑)」とはにかんで、会場の笑いをさそった。

 イベントの終盤には、生田と瀧本監督による舞台挨拶を開催する劇場を決定する「グラスホッパー脱出キャンペーン」の公開抽選を実施。新潟、宮崎など全国10か所の劇場名が書かれているカードが入ったボックスから1か所を抽選することになった生田は「行ってない地方のほうがいいですよね。これで新宿とか渋谷を引いたら…。いや~怖いな~」と恐る恐るカードを確認すると、「新宿ピカデリー!(笑)」とまさかの結果に会場は大爆笑。

 山田が「斗真くん持ってますねー(笑)」と先輩の失態にからかうと、キャスト陣から“もう1枚”コールがあがり、生田も「新宿も行くからもう1枚引かせてください!」と懇願。追い討ちをかけるように山田が「斗真くん、渋谷はやめてくださいよ!」と投げかけると、「もう1回ちゃんと混ぜて!!!」と生田はボックスをシャッフルした山田のせいにするも、無事に“T・ジョイ博多”を引き当て、「危ねぇ~(汗)。いいチョイスだけど、新宿引いたときは焦った~(笑)」と安堵表情を見せた。

“最強”巻き込まれ型エンターテインメント、映画「グラスホッパー」は大ヒット公開中。

公式HP http://grasshopper-movie.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える