• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

公開10周年記念!映画「サマータイムマシン・ブルース」ブルーレイ発売に主演の瑛太、上野樹里がコメント

(C)2005 ROBOT/東芝エンタテインメント/博報堂DYメディアパートナーズ/IMAGICA

 公開10周年記念イヤーとなった青春冒険活劇「サマータイムマシン・ブルース」が、本広克行監督&カメラマン川越一成氏監修によってデジタルリマスター版のブルーレイとなり、11月18日(水)に発売される。その発売を記念して主演の瑛太、上野樹里からコメントが到着。

 本作は、タイムマシンに乗って昨日へ行った学生たちの青春冒険活劇。軽い気持ちで行った過去(昨日)での行動が、もしかしたら未来(今日)を変えてしまうのでは? と気づき、自分たちの今を消さないために、今日と昨日をひたすら往復する。瑛太や上野をはじめ、真木よう子、佐々木蔵之介という豪華キャストと、日本屈指のヒットメーカー・本広監督で送る斬新なエンターテイメント作。

 本作が初の映画主演となった瑛太は「初の映画主演という事で、気負っていた部分もあったと思いますが、現場に入る前に出演者の皆さんと、疑似タイムマシン体験のため遊園地へ行ったり、合宿をしながらワークショップを行い士気を高めたり、始まりから終わりまでとにかく楽しい毎日でした。また改めてBlu-rayで観ていただいて、ほっこりした気持ちになっていただけたら幸いです」と当時を振り返ってコメント。

 上野も「祝☆公開してから10周年!ブルーレイになるんですね!長い間、この『サマータイムマシンブルース』のファンでいてくださる方には、本当に感謝、感謝です!まだ観たことのないそこの貴方!も是非この機会にご覧いただけると大変嬉しく思います。青春SFをどうぞよろしくお願いいたします」とコメントを寄せた。

「サマータイムマシン・ブルース」
価格:¥3,800+税
分数:本編107分+特典
ボーナス・コンテンツ
■本広克行監督・ヨーロッパ企画・上田誠オーディオコメンタリー収録(※既発DVDと同内容)
■劇場予告編・特報

<ストーリー>
 突如目の前に現れたタイムマシン!「とりあえず昨日に行ってみる?」とある大学の夏休み。「SF研究会」は不可思議な連続トラブルのあげく、クーラーのリモコンを壊してしまう。翌日、クーラーのつかない灼熱のSF研究室に突如現れたタイムマシン!「未来?過去?いつに行く!?」軽いノリで壊れる前のリモコンを取りに<昨日>にタイムスリップ!しかし、彼らは事の重大さに気がついた。もしかすると「過去を変えると未来がかわる???」! SFをまったく理解しないSF研のメンバーが引き起こすタイムパラドックス・トラブルのドミノ倒し!!たった1個のリモコンのために、すべてが消滅してしまうのか!!??

<スタッフ&キャスト>
プロデュース・監督:本広克行
原作・脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
撮影:川越一成 VE:吉川博文 照明:加瀬弘行
美術デザイナー:相馬直樹 編集:田口拓也
VFXディレクター:山本雅之 制作:ROBOT
出演:瑛太、上野樹里、与座よしあき、川岡大次郎、ムロツヨシ、永野宗典、本多力、真木よう子・升毅、三上市朗、楠見薫、川下大洋・佐々木蔵之介ほか
発売元:ショウゲート 
販売元:株式会社ポニーキャニオン

(C)2005 ROBOT/東芝エンタテインメント/博報堂DYメディアパートナーズ/IMAGICA

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える