• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「私、EXILEのファンなんです」小池百合子議員の告白にEXILE黒木啓司が照れ笑い

 黒木啓司(EXILE)初主演の青春映画「クロスロード」(11月28日(土)より全国公開)の完成披露試写会が行われ、主演の黒木、渡辺大、すずきじゅんいち監督、ベストセラー作家の湊かなえと小池百合子衆議院議員が登場。舞台挨拶前には公益社団法人青年海外協力協会から出演者に感謝状が贈られた。

 本作が映画初主演作となる黒木は、「スタッフや共演者に見守ってもらいながらの撮影でした。主演っぽくなかったかもしれませんですが、スタッフや共演者の皆さんに支えられて勉強の日々。無事に完成披露試写会を迎えられて本当によかったです」と感謝の言葉を。渡辺から「黒木さんは片時もカメラを外さないで常に沢田でいることを忘れない、真面目な人だなという印象でした」と演技に対する姿勢を絶賛されると、「余裕がなかっただけです」と照れ笑い。「もっと演技の勉強がしたいと思いました。役者として頑張りたい」と今後の決意を語った。

 またこの日は、青年海外協力隊経験があるベストセラー作家・湊かなえと、青年海外協力協会の創始者の1人と自身の父親が親友の仲という縁で「本作を応援したい」と小池百合子衆議院議員も駆けつけた。「ココだけの話、私はEXILEのファンなんです」と明かした小池議員は、「1人ひとりの青年海外協力隊の苦労や達成感が伝わってきて、あっという間に観ることができました」と感想を。いっぽう、湊は自身の青年海外協隊派遣経験を振り返り、「人生で一番本を読んだのが派遣されていた2年間でした。片っ端から読んで日本語の良さを実感しました。お2人のように素敵な人がいたら、もっと楽しい2年間だったんじゃないかと思います。一緒に訓練して、一緒に居たかったです!」と語り会場を笑わせた。

 本作は、青年海外協力隊に参加した若者たちがボランティアを通じて互いの価値観や考えを本音でぶつけ合いながら成長していく青春映画。黒木、渡辺のほか、モデルやハリウッド映画でも活躍するTAO、世界一のコスプレイヤーとして有名なアローディア、本作が映画初出演となるDDTプロレス/新日本プロレスの飯伏幸太というフレッシュなキャストに加え、長塚京三などベテラン俳優が

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える