• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「連続ドラマW 5人のジュンコ」完成披露試写会に松雪泰子、ミムラらが登壇

 11月21日(土)からWOWOWプライムにて放送される、WOWOW土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 5人のジュンコ」の完成披露試写会が行われ、主演の松雪泰子、共演のミムラ、権野元監督が登壇した。

 真梨幸子の同名小説を原作に、“ジュンコ”の名を持つ5人の女性を通して、女性の中に潜む嫉妬や悪意を描き出す本ドラマ。松雪は連続不審死事件の真相を探るジャーナリスト・田辺絢子を演じている。「脚本を読んで、女って怖いなというのが一番ですね。女性ならではの業、情念、嫉妬や悪意…。もしかしたら男性には理解しにくい感情が表現されているストーリーだと感じました。ほとんど女優だけでつづるサスペンスというのは珍しく、こんなに女優さんとだけお芝居する作品というのも初めて。監督の下、女優陣は楽しく撮影に臨みました」と撮影を振り返った。

 一方、事件の容疑者の佐竹純子(小池栄子)の同級生である篠田淳子を演じたミムラは、「女性が環境に順応していくことの面白さと怖さを感じました。元々WOWOWのドラマが好きで、どちらかというと、男性が置かれた状況で自分であろうとして爪を立てるような作品の印象が強いですが、この作品は“変容”を重ねた5体のジュンコが、それぞれ自分は正しいと思ってぶつかっていくところが楽しい」と、作品の魅力を語った。

 また、ミムラの女優デビュー作である連続ドラマ「ビギナー」(2003年/フジテレビ系)で共演して以来、12年ぶりの共演となった松雪は、「その当時からミムラちゃんは独自の発想、表現に対してのロジックを常に持っていて、当時も楽しいと感じましたが、すごく進化して素敵になっていて、一緒にやっていて怖かったです!」と。それに対してミムラは、「(デビュー作で)ものすごい痴態をさらしまして…(笑)。申し訳ない、お世話になったという気持ちでした。あの時共演した皆さんと、もう一度どこかで、という思いをモチベーションに12年やってきたので、こうしてガッツリと対面して2人で芝居ができて楽しかったです」と笑顔を見せた。

 WOWOW土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 5人のジュンコ」は、11月21日(土)からWOWOWプライムにて放送スタート。第1話は無料。

土曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 5人のジュンコ」(全5話)
11月21日(土)スタート 毎週(土)後10・00~11・00(第1話無料放送)
原作:真梨幸子「5人のジュンコ」(徳間書店刊)
脚本:渡辺千穂 監督:権野元 音楽:羽岡佳
出演:松雪泰子、ミムラ、西村尚美・麻生祐未、小池栄子ほか

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える