• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

イ・ジュンギ&チャンミン(東方神起)出演作『夜を歩く士』KNTVで12・26より日本初放送

(C)2015 MBC

 イ・ジュンギとチャンミン(東方神起)の豪華共演が話題となったファンタジーロマンス時代劇『夜を歩く士(ゾンビ)』が、KNTVHDにて12月26日(土)より毎週土曜と日曜の午後8時45分から日本初放送される。

 今年9月に韓国での放送が終了したばかりの本作は、朝鮮時代を背景に繰り広げられるファンタジーロマンス時代劇。イ・ジュンギ、チャンミン(東方神起)、イ・ユビ、イ・スヒョクなどの豪華キャストの出演が話題を呼んだ。主演のイ・ジュンギはまぶしいほどの美しさを持つヴァンパイア役を、チャンミンは一見遊び人だが実は神秘的なカリスマ性を持つ世孫役を好演。11月19日(木)に入隊を予定しているチャンミンの最新作で、初の時代劇出演作品でもある。

 本作の放送に先駆け、11月5日(木)には神奈川・横浜アリーナでチャンミン、イ・ユビ、イ・スヒョクが登場したイベントを開催。昼夜2回の開催となった会場には、入隊前の日本活動が最後となったチャンミンをはじめ、出演者を一目見ようと約2万6000人のファンが集結。ドラマの見どころ紹介やクイズ、ゲームコーナーなどを行い、特別なひと時を過ごした。そのほか、チャンミンは自身が所属する東方神起の人気バラード「時ヲ止メテ」を韓国語バージョンで披露。自らが作詞したこの曲を、ファンに向け思いを込めて歌い上げた。チャンミンはイベント終始で「僕はもうすぐあるところに行かなければならないので」と語り、入隊前最後となる日本でのイベントでファンとの別れを惜しんでいた。

【あらすじ】
 キム・ソンヨル(イ・ジュンギ)は悲しい事件によって愛する婚約者ミョンヒ(キム・ソウン)を失い、自らも命を落とすがヴァンパイアとして蘇る。それから120年、ソンヨルはミョンヒとのある約束を果たすため人間の心を持ちながらヴァンパイアとして生き続けていた。チョ・ヤンソン(イ・ユビ)は小説家を目指しながらも貧しい家計を助けるため男装して本を売りながら暮らしていた。ある日ソンヨルと出会ったヤンソンはソンヨルに惹かれていく。しかし、彼女はソンヨルが探していたある秘密を持った謎の人物だった。一方、身分を隠して生きる王の孫、イ・ユン(チャンミン)は無念の死を遂げた父の恨みを果たす機会を伺いながら、祖父と権力者の間で苦悩していた。そんな彼もまた偶然ヤンソンと出会い彼女に惹かれていく。その頃クィ(イ・スヒョク)はソンヨルを殺すためミョンヒにそっくりな外見を持つへリョン(キム・ソウン)を忍び込ませる。身分を隠してソンヨルとユンに近づくへリョンは次第にユンを慕うようになるが…。
恋が憎しみになり、友が敵になり、仇が恩人になる時4人の運命が動き出す。

【放送概要】※放送スケジュールは変更になる場合がございます。
タイトル:夜を歩く士(ソンビ)
放送日:2015年12月26日(土)より毎週土・日曜日午後8時45分~午後10時
再放送:2015年12月28日(月)より毎週月・火曜日午前8時20分~午前9時35分
出演者:イ・ジュンギ、チャンミン(東方神起)、イ・ユビ、イ・スヒョク、キム・ソウン ほか
チャンネル:KNTVHD(プレミアムサービス657)
視聴方法:ご視聴には専用チューナーと対応アンテナが必要です。

公式サイト:http://www.kntv.co.jp

(C)2015 MBC

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える