• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“冴羽リョウ”上川隆也が原作登場パスタを試食&今後の見どころを語る

 日本テレビ系で放送中のドラマ『エンジェル・ハート』。吉祥寺のカフェ「ソラ ZENON」では、原作漫画に登場したパスタが期間限定メニューとしてラインナップされることになり、ドラマで主人公・冴羽リョウ(リョウはけものへんに尞)を演じる上川隆也が来店して実際にパスタを試食するイベントが行われた。

 期間限定メニューの「塩辛とジャガイモのパスタ」は、漫画で香が「あたしだって、料理くらい作れるわよ!」と言ってリョウのために作った得意料理。
 
 この日、冴羽リョウの装いで来店した上川は、集まった記者の視線やカメラのフラッシュを一身に浴びて「何だろう、不思議な感じ(笑)」と言いながら、少し恥ずかしそうにパスタを口に運んだ。「うまい。面白いですね、食感が」とひと言感想を述べた後、「パスタのアルデンテの食感に塩辛の柔らかいイカの食感が入ってきて、不思議な味わいになっています。食感として食材を味わえるのが楽しいですね。しっかりとした“腹持ちのいいパスタ”です」と食リポを。

 原作で“リョウと香の思い出の味”であるこのパスタ。食後、上川は「高級食材ではなく、ジャガイモが入っているのが香っぽくていいですよね。リョウと香の間にあるのにふさわしいパスタだと感じました」と、原作ファンならではの視点で感想を語った。

 いよいよ終盤に差し掛かってきたドラマ『エンジェル・ハート』。その撮影現場は「雰囲気も含めて非常に良好」だという。「このパスタもそうですけど、まず原作があって、その中のシーンを再現するような形で構成されている作品なので、各シーンの“ストライクゾーン”をみんなで知恵を絞り合いながら狙っていくという感じです。その作業が楽しいですね」と上川。冴羽リョウを演じることについては、「原作を読んだときのリョウの歩き方のイメージが強く残っていて。そのイメージと今の自分のポーズをモンタージュするような感じで、原作のリョウを探し続けています」と、今でも“冴羽リョウ”を研究し続けていることを明かした。
 
 また、ドラマと原作の違う点としては「リョウとシャンインの親子関係の描き方」を挙げた。ドラマオリジナルの部分として原作とあえて変えているこの点について「今後の放送では、“シティーハンターだった男と、男が預かっている元組織の女性”という2人の関係がどのように“父と子”になっていくのかが見どころだと思います」と解説した。

 第7話が放送され、残り2話となった『エンジェル・ハート』。今後はどのような物語が展開されるのか注目だ。

『エンジェル・ハート』
毎週日曜日 後10:30~11:25 日本テレビ系にて放送中
公式サイト http://www.ntv.co.jp/angelheart/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える