• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

風神雷神図屏風など「スター・ウォーズ」アートを清水寺でお披露目

(C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

 12月18日(金)18時30分全国一斉公開される、「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。本作の公開を記念し、世界遺産・京都清水寺にて《「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」風神雷神図屏風》(ニッポン画家山本太郎作)と、《「覚醒」の書》(清水寺森清範貫主揮毫)がお披露目された。

 2015年“STAR WARS YEAR”の日本各地の盛り上がりは、さっぽろ雪まつりに始まり、青森県田舎館村の田んぼアート、鳥取砂丘の砂像“砂のスター・ウォーズ”、過去最大の観客動員を記録したカワサキハロウィンでのSWパレードなど、1年間を通して日本各地の文化と融合し、そのたびに全世界から注目を集めてきた。そして、日本の大きな盛り上がりが影響したのか、世界に先駆け最新の予告編が日本で公開される異例の展開も行われ、日本国内でもその熱気は勢いを増している。

 そんな日本文化との融合の集大成として、《「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」風神雷神図屏風》・《「覚醒」の書》の制作が行われ、11月30日(月)に清水寺の本堂舞台にて御本尊宝前お披露目を開催。新型ストームトルーパー2体、山田啓二京都府知事、ルーカスフィルム公認の新キャラクターを描き屏風を制作したニッポン画家・山本太郎が登壇した。

《「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」風神雷神図屏風》は、本作のヒロイン・レイが風神となり、赤い十字のライトセーバーを持った悪役カイロ・レンが雷神として描かれている。また、力強い文字で書かれた《「覚醒」の書》は、コロコロとした人気の新ドロイドBB-8をイメージし、やや丸く“STAR WARS YEAR”を象徴するような勢いを持つ。日本文化と「スター・ウォーズ」が見事に融合した両作品がお披露目されると、早朝に行われたイベントにも関わらず集まった観客たちは「おおー!」と感嘆の声を上げていた。

 山田知事は、「スター・ウォーズ」は黒澤作品へのオマージュも多く、私自身は<最高のチャンバラ映画>だと思っていて、元々大好きで自宅にシリーズ全作品があります」と自身がシリーズの大ファンであることを告白し、「現在、京都は琳派400年という記念すべき年を迎え大いに湧いています。そして、この屏風にも琳派の“たらしこみ”の雲の技法が活かさせていて美しい作品ですので、是非、『フォースの覚醒』大成功を願うと共に京都にこの屏風を見に来てほしいです」とコメント。

 山本は、「まさか自分が『スター・ウォーズ』の新作に関わることになるとは思わず大変なプレッシャーを感じましが、大変光栄でした。(風神レイは)非常に美しい女性で、日本画が持っている美人画の美しさが出るよう意識しました。BB-8はペットのような愛らしさを出すように致しました。カイロ・レンは悪の心の表現と、黒い衣装のキャラクターなの、黒色の描き分けには苦心しました」と制作エピソードを明かした。

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は、12月18日(金)18時30分 全国一斉公開。

【展示概要】
■日程:12月8日(火)~12月15日(火)
前10・00~後4・00予定

■場所:清水寺経堂
《『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』風神レイ&雷神カイロ・レン屏風》
ニッポン画家山本太郎作
サイズ:二曲一双(ヨコ154.5㎝×タテ169.8㎝)
《「覚醒」の書》
清水寺森清範貫主揮毫
サイズ:ヨコ70cm×タテ136.3cm

【作品概要】
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」
12月18日(金)18時30分 全国一斉公開
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

(C) 2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える