• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

杉野希妃の長編映画初監督・主演作「マンガ肉と僕」が2016・2・13公開決定

(c)吉本興業

 杉野希妃が長編映画初監督・主演を務め、男に抗う女たちの強くも切ない恋愛模様を描いた「マンガ肉と僕」の公開が2016年2月13日(土)に決定した。

 本作は、第12回「女による女のためのR-18文学賞受賞作である朝香式の「マンガ肉と僕」(新潮社刊「マンガ肉と僕」所収)を実写化したもの。第27回東京国際映画祭、第18回上海国際映画祭、エディンバラ国際映画祭など数々の国際映画祭に出品され、京都国際映画祭、第7回沖縄国際映画祭でも上映された注目作だ。

 男女平等が叫ばれて久しい現代においても、未だに女性への差別的発言が横行する社会への皮肉を込めながら、あるがままの自分を受け入れようともがく人間たちの姿や現代社会の歪みを描いた本作。メガホンをとったのは、女優兼プロデューサーとして、国際的にボーダーレスな活躍を続ける杉野希妃。杉野は、本作で長編監督デビューを果たした。

 原作の短編小説にある、「女が男に嫌われるために太る」というモチーフに強烈に惹かれた杉野監督は、マンガ肉に食らいつきながら男に抗う女・熊堀サトミを自ら演じている。サトミに寄生され奴隷のように支配される男・ワタベを演じるのは、「サムライフ」(2015)「進撃の巨人」(2015)など主演から脇役、シリアスからアクションまでと幅広いジャンルで作品ごとに安定した演技を見せる三浦貴大。ワタベに寄生され男に依存していく女・菜子を「春との旅」(2010)「六月燈の三姉妹」(2013)など話題作への出演が続く徳永えりが演じ、ワタベが付き合う3人目の女・さやかには、「のぼうの城」(2012)「風に立つライオン」(2015)のちすんが扮する。

 映画「マンガ肉と僕」は、2016年2月13日(土)公開。

【STORY】
四月の京都。気が弱く引っ込み思案の青年ワタベは、活気に溢れる大学に馴染めず、孤独な日々を送っていた。一方、同大学の熊堀サトミは、その太ったみすぼらしい容姿から、周囲の学生に嘲笑されていた。そんなサトミを差別することなく接してくれる唯一の存在がワタベだった。その優しさにつけ込んだサトミは、彼の自宅に転がり込み、寄生し、やがてワタベを奴隷のように支配しようとする。そんな中、ワタベはバイト先で知り合った菜子に惹かれていく。

【キャスト・スタッフ】
出演:三浦貴大、杉野希妃、徳永えり、ちすん、大西信満、太賀、宮本裕子、徳井義実 ほか
監督:杉野希妃
原作:朝香式「マンガ肉と僕」(新潮社刊「マンガ肉と僕」所収)
エグゼクティブプロデューサー:奥山和由
プロデューサー:中村直史、杉野希妃

2015/上映時間:94分/日本/(c)吉本興業/PG-12
配給:和エンタテイメント/KATSU-do

(c)吉本興業

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える