• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

嵐メンバーも爆笑!? 年男・大野智がサル耳で申年アピール

 嵐を起用した「2016(平成28年)年用お年玉付年賀はがき」のTV-CM第2弾「年賀状、ください。サル」篇、「年賀状、ください。映画」篇が、12月1日から全国でオンエアされている。

 郵便ポストの中をイメージした赤い箱の抽象空間を舞台に、年賀状にまつわるそれぞれの思いやエピソードについて嵐が仲良く語り合う姿を描いた同シリーズ。「年賀状、ください。サル」篇では、2016年の干支・申年にちなみ、来年年男となる大野智がチャーミングなサル耳スタイルで登場。「ください、と言うからには書かないと」「出しましょうよー」「年末忙しいよ」などと、ほかのメンバーが会話している最中、突然1人だけサル耳姿に変身し、最後はメンバー全員で「年賀状ください~♪」と呼びかけるというもの。

「年賀状、ください。映画」篇では、メンバーが最近見たという二宮和也の出演映画「母と暮らせば」(12月12日(土)公開)をテーマに、年賀状で思いを伝えることの大切さを話しているシーンを通じて「年賀状、ください。」というメッセージを訴求している。

「年賀状ください~♪」と歌いながら踊るシーンの撮影では、年男の大野だけサル耳を着けて本番に臨んだ。大野のかわいらしい姿に、両脇で踊る相葉雅紀や松本潤はクスクス笑いながら楽しそうに撮影していた。相葉がほかのメンバーに「出しましょうよーそりゃー」と促す場面では、強い口調でメンバーに迫る相葉に対し「そんなキャラクターだったけ?」「普段と違うからびっくりした」とカット後に現場からコメントが。これには相葉も「キャラ違った?」と苦笑いを浮かべていた。

 また、年賀状の引き受けが開始される12月15日(火)の前日の12月14日(月)0・00から、嵐のメンバーが年賀状をもらったときの思い出などをフリートークで語り合うweb限定ムービー「フリートーク」篇が、年賀特設サイト「郵便年賀.jp」(http://www.yubin-nenga.jp/)にて公開される予定。

「フリートーク」篇の撮影では、年賀状をテーマにメンバーがアドリブでトーク。櫻井翔が司会役となり、メンバー同士も知らなかったエピソードが次々と登場する。中でも一番盛り上がったのが、相葉が毎年メンバーに送っているというオリジナルの干支イラストについて。ほかの4人が相葉のイラストについて抱いていた本音が明らかになる。

【CM概要】
2016年用お年玉付年賀はがき 新TV-CM
「年賀状、ください。サル」篇、「年賀状、ください。映画」篇(各15秒)

出演:嵐
放映開始日:12月1日(火)
放送地域:全国

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える