• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画『男はつらいよ』の全48シリーズを、12・1より一挙配信!

(C) 松竹

 映像配信サービスのdTVは、日本を代表する不朽の名作『男はつらいよ』の1969年に初公開された第1作から1995年に公開されたシリーズ全48作に特別篇を加えた49作品を、12月1日より見放題で配信中。

 誰もが元気になれる日本人の心の原風景を描き続けており、作品自体が「寅さん」の愛称で呼ばれることも多く、現在まで幅広い世代から愛され続けている国民的人気を誇る「男はつらいよ」。原作・脚本・監督は日本を代表する巨匠、山田洋次、主人公・車寅次郎を演じる渥美清の名コンビで製作され、初公開から27年にわたり、全48作公開されたことは、同一主演俳優による世界最長の映画シリーズとして、ギネス記録にも認定されるほど、世界でも愛され続けている。

 物語は、渥美清演じる主人公“フーテンの寅”こと車寅次郎が、約20年ぶりに故郷の葛飾・柴又に戻ってきたところから始まる。以後、寅次郎の腹違いの妹さくら、おいちゃん、おばちゃんらが集まるだんご屋を中心とした柴又と、寅次郎が訪れる日本各地を舞台に、そこで出会った“マドンナ”と恋愛模様を繰り広げながら、なにかと騒動を起こす人情喜劇として物語は展開される。

 そんな「男はつらいよ」の魅力の1つに、寅次郎が恋に落ちる魅力的なマドンナの存在がある。吉永小百合をはじめ、浅丘ルリ子、竹下景子、三田佳子、後藤久美子などその時代に輝くマドンナたちが出演するほか、沢田研二や永瀬正敏、小林幸子、長渕剛など豪華ゲストも多数登場し、物語に一層の魅力を与えている。

 また、dTVでは12月に公開される吉永小百合主演の映画「母と暮せば」や、16年3月公開の喜劇映画「家族はつらいよ」など、山田洋次監督の映画公開が次々と控えている中、「幸福の黄色いハンカチ」、「東京家族」や「母べえ」など、山田監督の名作を多数配信中。

特集サイト:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0006002

(C) 松竹

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える