• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

椎名桔平がスーパー銀行マンに「連続ドラマW メガバンク最終決戦」来年2月放送

 椎名桔平が“スーパー銀行マン”を演じる「連続ドラマW メガバンク最終決戦」がWOWOWで2016年2月14日(日)から放送されることが決定した(第1話無料放送)。

 原作は「銭の戦争」シリーズや「疑獄 小説・帝人事件」の著者で、5000億円もの日本株を運用し、国際経済の裏表を知り尽くした“伝説のファンドマネージャー”波多野聖の「メガバンク絶滅戦争」(新潮社刊)。日本国債の暴落で一夜にして巨額負債を抱え、機能不全に陥った巨大銀行=メガバンクを舞台に、辣腕ディーラーでもある専務と総務部員がバディを組み、史上最大の買収合戦に挑んでいく。

 主演の東西帝都EFG銀行の辣腕ディーラーを演じるのは、WOWOW連続ドラマ初主演となる椎名桔平。椎名とタッグを組んでメガバンクを守り抜こうとする総務部員に桐谷健太。ほかに石橋凌、大石吾朗、利重剛、緒川たまき、音月桂ら多彩なキャストが集結する。

 椎名は、脚本を読んだときの印象について「普段私たちにとって、銀行は身近な存在なのだが、そこで働く銀行員の人達と話をする機会は殆ど無い。まして、その人達の抱えている悩みや葛藤を知る由もない。何万人も勤めるこのメガバンクの内幕が、とてもリアルに、人間味を帯びて描かれているのを興味深く読ませて頂きました」と。

 今回演じる桂光義という主人公については「専務である桂光義は、為替の相場で生きてきた銀行員です。常に相場を睨めつけ、自分の信念を、その経験と共に培ってきた人物。企業の中で自分らしく生き抜く為の、勇気と情熱、そして優しさを、この役で滲ませられればと思っています」と意気込みを語った。

 最後に「この物語は、銀行だけを描いているわけではなく、政界、財務省、金融庁を巻き込んでの国家規模の話に展開していきます。日本が破綻する日が本当にやって来るのか? 全6話、是非楽しんで頂けたらと思います」と視聴者にメッセージを送った。

「連続ドラマW メガバンク最終決戦」
WOWOW
2016年2月14日(日)スタート(第1話無料放送)

原作:波多野聖『メガバンク絶滅戦争』(新潮社刊)
監督:古澤健(「37.5℃の涙」『クローバー』)、佐和田惠(「連続ドラマW 予告犯-THE PAIN-」)
脚本:杉原憲明(『ディア―ディア―』「ドラマWスペシャル 人質の朗読会」)
音楽:大間々昂(『予告犯』「連続ドラマW 予告犯-THE PAIN-」)
出演:椎名桔平 桐谷健太/大石吾朗 利重剛 緒川たまき 音月桂 袴田吉彦 音尾琢真 小柳友 日野陽仁 増岡徹 ・左とん平/石橋凌
制作協力:ツインズジャパン
制作著作:WOWOW

■ストーリー
東西帝都EFG銀行(TEFG)は、帝都銀行を中心に東西銀行、EFG銀行が金融庁主導で合併して誕生したメガバンク。合併以来、帝都銀行出身者が主導権を握り、行内では出身銀行ごとのヒエラルキーが強く残る。そんな中、辣腕ディーラーの桂光義(椎名桔平)は、帝都銀行出身ではないものの、手腕を買われて為替部門の専務にまで上り詰めていた。
一方、EFG銀行のさらに前身の銀行であり、TEFG内で“最下層”と位置付けられている名京銀行出身の総務部、二瓶正平(桐谷健太)は、そんなヒエラルキーには屈せず、生真面目に仕事に邁進していた。
ある日、TEFG上層部と金融庁官僚との密談で行なわれた超長期国債の購入と、同時期に生じた日本国債暴落により、突如TEFGは破綻の危機に陥る。会社存続のため、桂は二瓶とともにTEFG買収を狙う外資ファンドや、陰謀をたくらむ官僚たちに立ち向かう。史上最大の大勝負に挑む彼らの行く末は!?

(c)WOWOW

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える