• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

新川優愛、自身の出演作を観て「もっと“キュンキュン”させられたかな」

「映像コンテンツデジタル配信サービス」の成長を推進しているDEGジャパンによる「映像コンテンツ デジタル配信セミナー2015」が、12月8日(火)開催された。

第1部では、国内外で拡大するデジタル配信市場についてのプレゼンや、ジャーナリスト・西田宗千佳を迎えたパネルディスカッションが行われ、第2部には、女優・モデルの新川優愛が登壇し、デジタル映像ライフの楽しさを語った。

いつもはスマホなどでデジタル映像を楽しむという新川は、今回のために初めてタブレットを体験。「そんなに大きさ変わらないと思っていたんですけど、こんなに見やすいんだと、びっくりしました。操作も簡単ですぐダウンロードできるので、ついつい観ちゃいます。気を付けないと思わず観すぎちゃうなって思うくらいでしたね」と印象を語り、また、ドラマや映画の視聴頻度について聞かれると、「女優のお仕事をしていますし、今年は情報番組のレポーターもさせていただいて、これまでよりさらにいろんなことを知りたい、知識を入れたいと思って、観るジャンルの幅が広がりました」と話した。

現在、デジタル映像で観られる作品はジャンルも多岐にわたり膨大になっているが、「選ぶときに予告など短い映像をいろいろ見て決めたりできるところも面白い」と言う新川。「デジタル配信のよさは、空き時間や移動中に観られるということ。自宅ではテレビにつないで観たりもしますが、スマホやタブレットはバッグに入って便利ですし、ドラマの待ち時間や、ロケなどで海外に行ったときなんかにも観ています。家には何か音がしていて欲しいので寝る直前まで枕元でいじっていたり。でも夜見始めてしまうと寝られなくなるので、気になるものをダウンロードして、翌日に備えたりしますね(笑)。おうちではテレビに繋いで、外出中はスマホやタブレットで、とどこでも手放さずに観られるのが魅力的です」とデジタル映像の楽しさをアピールした。

また、海外ドラマをよく観るという新川は、お気に入りに『ウォーキング・デッド』を挙げ、「実はホラー好きです。ゾンビ対人間の話だけではなくて、人間同士の感情や人間の本質も描かれているようで面白い」という意外な一面を見せた。また、最近、タブレットで自身が出演している『アオハライド』を観たそう。どんな気持ちで自分の出演作を観るのか質問され「お芝居や表情について、このシーンがダメだったなとか、もっと“キュンキュン”させられたかな、とか自分にダメだしをします。何分何秒までチェックしたり…」と、胸キュンのシーンでも“どうしたらキュンキュンしてもらえるか”をずっと考えていると、笑顔でストイックな様子をみせた。

主催:DEG ジャパン コンテンツ部会 http://www.deg-japan.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える