• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

横山由依VS指原莉乃!「AKB48紅白対抗歌合戦」開催

 AKB48の年末の締めくくりイベントとして定着した感のある「第5回 AKB48紅白対抗歌合戦」が開催され、横山由依がキャプテンを務める紅組と、指原莉乃が初めてキャプテンを務める白組が熱戦を繰り広げた。

 紅白の対決の前にステージに登場したのは、台湾で開催されたAKB48初の海外オーディションを勝ち抜いた馬嘉伶(マ・チャリン)。緊張を見せつつも日本語であいさつし、「ヘビーローテーション」を日本語と中国語で披露して、オープニングを飾った。

 ップバッターは、小嶋陽菜と柏木由紀。小嶋は「わるきー」ならぬ「わるにゃん」と題し、バスローブ姿で共演のキティちゃんからダニエルくんを誘惑するという妖艶なパフォーマンスを披露。これに対し、柏木が「Dear J」ではなく「Dear K」としてキレのあるダンスパフォーマンスで応戦し、1回戦から会場を盛り上げた。

 続いては、これからAKB48グループを引っ張っていくフレッシュなグループの対決として、「マジすか学園」の衣装に身を包んだ中野郁海らチーム8メンバー8名と、来年1月に劇場オープンを控えるNGT48が登場。やべきょうすけとの共演で寸劇を披露したチーム8に対し、初参加のNGT48は加藤美南のバトントワリングでアクロバティックに「僕たちは戦わない」を披露した。

 その後も、紅白対抗歌合戦ならではのユニットや楽曲でのパフォーマンス、間近に迫ったクリスマスの楽曲、劇場支配人総登場での時代劇寸劇などで盛り上がった。

 また、先日卒業を発表した永尾まりやと同期の9期生による「夢の河」、女優の夢をかなえるためにと、このステージで卒業を発表した高城亜樹らによる「桜の木になろう」のパフォーマンスには、会場とステージで見守るメンバーから大きな拍手が送られた。

 トリのキャプテン対決では、横山は赤の着物で「一歩目音頭」、指原は白いドレスで「365日の紙飛行機」をそれぞれ披露。対決の後には、今年のじゃんけん大会で優勝した藤田奈那が勝ち取ったソロ曲「右足エビデンス」、準優勝した中西智代梨がセンターを務める「君は今までどこにいた」が初披露された。

 そして、いよいよ結果発表。全国の映画館、会場、審査員のいずれも白組が紅組を上回り、指原の白組が勝利した。

AKB48公式サイト(http://www.akb48.co.jp/

(C)AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える