• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

7年ぶり小林兄弟監督の最新作「フローレンスは眠る」TOHOシネマズ日劇をメイン館に決定!

 小林兄弟監督の7年ぶり待望の最新作の映画「フローレンスは眠る」が、業界初のドリパスチケットチャレンジを成功させ、2016年3月5日(土)よりTOHOシネマズ日劇をメイン館として全国順次公開されることが決定した。

 初監督作品「369のメトシエラ」で、ぴあ初日映画満足度ランキング1位に輝き、独立系自主映画で異例の40館上映、2万人を超える観客動員数をはじき出した小林兄弟監督。
7年ぶりの最新作「フローレンスは眠る」の脚本は前作同様、小林監督によるオリジナル脚本で、同族経営の老舗企業に襲い掛かった誘拐事件を発端に繰り広げられるクライムサスペンス作品となっている。
 本作で主演を射止めたのは、500人のオーディションで選ばれた藤本涼。ヒロインの役員秘書役には「リアル鬼ごっこ」「極道大戦争」などの話題作に出演、2016年1月からの月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」への出演も決定している桜井ユキ。また、同族会社の社長に山本學、副社長に前田吟といったベテラン名優が演じ、3代目新社長を宮川一朗太、副社長の長男を池内万作、次男を東幹久など、安定した演技で定評のある俳優陣が脇を固めている。

映画「フローレンスは眠る」
2016年3月5日(土)からTOHOシネマズ日劇ほか全国順次公開
脚本・監督・編集:小林兄弟
出演:藤本涼、桜井ユキ、前田吟、池内万作、東幹久、宮川一朗太、村上ショージ、岸明日香/山口果林、山本陽子/山本學

(C)2016 JungleWalk Co., Ltd.

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真