• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「“氷上”だけに…」羽生結弦、CM撮影現場でダジャレ披露

 日本赤十字社は「平成28年はたちの献血キャンペーン」を2016年1月1日から2月29日までの2か月にわたって全国で展開。キャンペーンキャラクターを務めるフィギュアスケートの羽生結弦が出演する新TVCM『キミに救えるいのち』篇が、1月1日より全国でオンエア開始される。

 前年に続き2年連続でキャンペーンキャラクターを務める羽生。カメラから一切目をそらさないドアップの「目ヂカラ」でメッセージを伝えるシーンがメインとなる新CMの撮影では、羽生の真剣な眼差しにスタッフも思わず息をのんだ。

 撮影現場には、「LOVE in Actionプロジェクト」のプロジェクトリーダーで、ラジオ番組「LOVE in Action」(JFN38局、毎週月曜-木曜夜)でパーソナリティも務める山本シュウが応援に駆けつけた。山本は真剣な表情で撮影に臨む羽生を見て、「羽生選手はスケートだけの天才じゃないね。気づいてないと思うけど、“表情”の天才だわ!」と絶賛。すると羽生が「“氷上”だけにね!」とまさかのダジャレ返し。これには山本も「いや~うまい! やられたわ~」と一本取られた様子だった。

 声を出さずに目だけで伝える瞬きNGシーンの撮影では、監督から「OK!」のカットがかかると「目がつら~い!」と何度も瞬きを繰り返していた羽生。少し涙ぐんでいた様子だったが、監督から「一度目を閉じてから、キレのある感じでぱっと開いて!」というリクエストに対し、キリっと切り替えて一発OK。まさに一流アスリートの集中力と切り替えの早さを見せた。

 そして最後は新成人を迎える若者へ向け、「新成人を迎える皆さん、おめでとうございます。私も昨年成人になりましたが、成人は大人としての新たな一歩となります。皆さんも、自分自身の強い意思を持って、思い描いた大人に近づけるよう一歩一歩進んでください。私自身も挑戦し続けたいと思います。そして、献血についても『救える命がある』という事を知っていただき、一歩を踏み出してもらえたらと思います」とメッセージを。

 羽生が“目ヂカラ”で魅せる日本赤十字社の新CMは、2016年1月1日から放送。

【平成28年はたちの献血キャンペーン概要】
■期間:平成28年1月1日(金)~2月29日(月)
■主催:厚生労働省・都道府県・日本赤十字社
■展開内容:
(1)TV、ラジオ、劇場CMの放映等
(2)キャンペーンサイト(PCサイト/スマホサイト)の開設
キャンペーンサイト限定公開のCMメイキング動画を公開
PC・スマホサイト:http://ken-love.jp/hatachi/
※平成27年12月25日(金)公開予定です。

(3)初回献血者へのオリジナルグッズプレゼント
平成28年1月1日(金)から2月29日(月)までのキャンペーン期間中に全国の献血会場にて初めて献血される方限定で、先着50,000名様にオリジナルクリアファイルをプレゼント。
※期間中でもなくなり次第終了とさせていただきます。
※医療機関の血液需要に応じて、200mL全血献血をお断りする場合がございます。
※献血にお申込みいただいても、当日の体調などにより献血にご協力いただけない場合がございます。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える