• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

HKT48映画『尾崎支配人が泣いた夜~』に決定 予告&ビジュアル公開

 指原莉乃の初映画監督作となるHKT48初のドキュメンタリー映画のタイトルが『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』に決定。ポスタービジュアル&予告編も公開された。

 48グループで唯一のプレイングマネージャー・指原莉乃の初映画監督作品として話題を呼んでいる本作。HKT48を知り尽くす指原が、メンバーはもちろん運営スタッフにまで切り込む本作の勢いが伝わるタイトルとなった。

 ポスタービジュアルは、タイトルどおり目頭を押さえる尾崎支配人と共に、メンバーたちのさまざまな涙のシーンが散りばめられたビジュアルに。予告編は、指原の監督としての本作に対する姿勢や、メンバーがHKT48にかかわる人々の本音が垣間見える映像になっている。

『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』は、2016年1月29日(金)公開。NMB48のドキュメンタリー映画『道頓堀よ、泣かせてくれ!DOCUMENTARY of NMB48』も同日公開される。

「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」予告編

 

『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』
公開日:2016年1月29日(金)

監督:指原莉乃
企画:秋元康
出演:HKT48
上映時間:119分(予定)

配給:東宝映像事業部

(c)2016「DOCUMENTARY of HKT48」製作委員会

公式サイトURL:www.2015-hkt48.jp

『道頓堀よ、泣かせてくれ!DOCUMENTARY of NMB48』同日公開

【前売り券】全国上映館にて発売中
定価:1,500円(税込)
前売特典:生写真1枚(数量限定。なくなり次第終了)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える