• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「“気象”予報士にとって“希少”価値が高いこと」片平気象予報士が初の冠番組!

 関西テレビ放送・カンテレで1月11日(月・祝)に防災特番『ワンダー防災SP 関西を襲う“大水害”~気象予報士・片平敦の「その時、命を守るには」』(後3・50~5・00 ※関西ローカル)を放送。初めて冠番組を担当することになった気象予報士の片平敦が会見で意気込みを語った。

 カンテレでは阪神・淡路大震災の発生以降、毎年災害が起きた1月に合わせて防災特番を放送。『ワンダー防災SP 関西を襲う“大水害”~気象予報士・片平敦の「その時、命を守るには」』では「気象災害」をテーマに、気象情報や避難情報を正しく理解するための知識を解説し、防災意識の重要性について考えていく。

 片平は「今回初めて自身の名前の冠がついた特別番組を担当することになり、大きなプレッシャーを感じています。その半面、いよいよやらせていただける時が来たなと。身の引き締まる、背筋がシャンとするような思いもあります」と意気込んだ。

 また“人の命を守る気象解説”を目指しているという片平は「2011年には東日本大震災が起こり、その半年後に紀伊半島で豪雨水害がありました。実は当時“近年、稀に見るような災害が起こる恐れがあります”と、かなり踏み込んだ内容を事前にお話していましたが、大水害は起きてしまいました。自分の無力さを痛感し、また“どうすれば大勢の命を救えたんだろう”とこの3、4年悩んできました。この番組をご覧になる関西の方、そしてそのご家族を守るために、役立つ気象の知識をお伝えできたらと思っています。今後起こる気象災害から、1人でも多くの命を救うことにつながる番組にできればと強く願っています」と語った。

 さらに、ダジャレが得意なことで知られる片平は、記者からの要望に応え「今回の番組でも1つか2つは入れられるよう頑張っていきたいです。なかなか1時間の番組をいただくなんて“気象”(きしょう)予報士にとっては“希少”(きしょう)価値が高いことですので(笑)」と返し、「お勉強になると硬くなってしまうので『ゆうがたLIVE ワンダー』の番組の色をそのまま生かして、柔らかく分かりやすい番組を目指して、気楽に見てくださいね、というスタンスでいきたいと思います」とコメント。

 片平の初めての冠番組『ワンダー防災SP 関西を襲う“大水害”~気象予報士・片平敦の「その時、命を守るには」』は、カンテレ(※関西ローカル)で1月11日(月・祝)後3・50から生放送。

■片平敦気象予報士に聞きたい疑問募集中!
番組では片平気象予報士に聞いてみたい「気象・災害情報のこのコトバが分からない!」「台風情報の見かたを教えて!」といった疑問をメール・FAX・Twitterで募集中。Twitterでは、ハッシュタグ #教えて片平さん をつけてつぶやいてください。
◆メール news@ktv.co.jp   ◆FAX 06-6361-1234
◆Twitterハッシュタグ #教えて片平さん

■『ゆうがたLIVE ワンダー』公式ホームページ(http://www.ktv.jp/wonder/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える