• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

東出昌大主演『GONINサーガ』ロッテルダム国際映画祭に正式招待決定

 東出昌大主演、石井隆監督の『GONINサーガ』が、現地時間1月27日から2月7日に開催されるオランダの映画祭「第45回ロッテルダム国際映画祭」への招待・上映が決定した。

 本作は、1995年に公開された石井監督のバイオレンスアクションの傑作『GONIN』の続編。主演の東出をはじめ、桐谷健太、土屋アンナ、柄本佑、安藤政信、竹中直人らが出演し、2015年9月に公開。3月25日(金)にBlu-ray&DVDが発売される。

 「ロッテルダム国際映画祭」は、1972年より始まり、世界中から集められたインディペンデント映画、実験映画、視覚芸術分野に優れた映画を輩出。近年ではカンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭などと並ぶ重要な国際映画祭のひとつとして位置づけられている。

 石井監督作品では、前作の『GONIN』が95年に、『黒の天使 vol.2』が99年、『フリーズ・ミー』が2000年にそれぞれ本映画祭にて上映されている。

 2016年は本作の他に、『恋人たち』(2015/橋口亮輔監督)、『シェル・コレクター』(2016/坪田義史監督)など部門違いでの出品が決定。過去には日本映画から『冬の河童』(1995/風間志織監督)、『まぶだち』(2001/古厩智之監督)、『山守クリップ工場の辺り』(2013/池田暁監督)が最優秀作品賞の“タイガーアワード”を受賞。2015年には、『野火』(塚本晋也監督)、『神さまの言うとおり』『喰い女』(三池崇史監督)、『渇き』(中島哲也監督)、『TOKYO TRIBE』(園子温監督)、『思い出のマーニー』(米林宏昌監督)など14作品が出品されている。

■ストーリー
五人組による、五誠会系 大越組襲撃事件から19年。
大越組の若頭・久松(鶴見辰吾)の遺児・勇人(東山昌大)は母・安恵(井上晴美)を支えながらまっとうな人生を歩み、勇人の幼なじみで大越組長の遺児・大輔(桐谷健太)は壊滅した大越組再興の夢を抱きながら、五誠会の三代目・誠司(安藤政信)のボディーガードをしていた。
そんなある日、19年前の襲撃事件を追う富田と名乗るルポライターが安恵を訪ねてくる。
やがて、遺された者たちの歯車は大きく軋み始め、五誠会に囲われながらも深い恨みを宿す元アイドル・麻美(土屋アンナ)を巻き込んで、GONINの新たな闘いが幕を開ける――。

『GONIN サーガ』
2016年3月25日(金)ブルーレイ&DVDリリース

[セル]
<ブルーレイ>
GONINサーガ ディレクターズ・ロングバージョン Blu-ray BOX
¥11,800(本体)+税

GONINサーガ 通常版 ブルーレイ
¥4,700(本体)+税

<DVD>
GONINサーガ ディレクターズ・ロングバージョン DVD BOX
¥10,800(本体)+税

GONINサーガ 通常版 DVD
¥3,800(本体)+税

発売元:KADOKAWA
販売元:KADOKAWA

公式サイト(http://gonin-saga.jp/

(c)2015『GONIN サーガ』製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える