• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

鈴木拡樹、細貝圭、山本匠馬らが舞台「幻の城」上映会&トークイベントに登場

 舞台「幻の城~戦国の美しき狂気~」プレミアム上映会と出演者らによるトークイベントが1月12日(火)、ユナイテッド・シネマ豊洲にて開催された。

 本作は、豊臣と徳川による戦国最後の戦い“大坂夏の陣”を大胆な発想で描いた風野真知雄の長編歴史小説「幻の城 大坂夏の陣異聞」(祥伝社文庫刊)が原作の歴史舞台。2015年10月に「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」第2弾としてEXシアター六本木(東京・六本木)で上演された。

 上映会では、大スクリーンに舞台本編映像が映し出され、迫力満点の殺陣のシーンや、鬼気迫る役者陣の演技などに会場中がくぎづけに。

 その後に行われたトークショーには、鈴木拡樹(主演・宇喜多秀家役)、細貝圭(根津甚八役)、山本匠馬(真田幸村役)、天月‐あまつき‐(テーマソングを担当・少年役としても出演)、座間隆司プロデューサーが登壇した。

 主演の鈴木は、「宇喜多秀家の“狂気”の部分を演じ、公演が終わった後も本来の自分に戻るのが難しかった」と当時を振り返った。

 第1弾から出演している細貝は「同じシリーズなのに、今作は前作と比較して、殺陣や歌などエンターテインメント部分が多い作品となりました。全く異なったカラーが出せて良かったです」と。

 シリーズ初参加となった山本は「この舞台を通して、たくさんの貴重な体験をさせていただきました。また、このメンバーでできて本当に良かったです」と、テーマソングを担当し、舞台でも宇喜多の幼少期(少年役)として出演した天月‐あまつき‐は「あまり和テイストの楽曲に携わったことがなく新しい挑戦でしたので、今回素敵なきっかけをいただけて良かったです」とそれぞれ語った。

 また、「歴タメLIVE~歴史好きのエンターテイナー大集合!~」と称した、歌・芝居・ダンスありの総合エンターテイメントショーの開催が発表されると、会場からは大歓声が。3月12日(土)、13日(日)にEXシアター六本木にて開催予定のこのイベントは、「もっと歴史」シリーズならではの“歴史”イベントとなるようで、鈴木も「舞台の枠を超えてこのようなイベントも登場し、どんどんパワーアップしていくシリーズですね。もちろん第3弾の舞台作品も楽しみです」と期待を寄せた。

「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」とは…
教科書には載らないような歴史上の出来事を興味深く面白くエンターテインメントとして表現するシリーズ企画。

「歴タメLIVE~歴史好きのエンターテイナー大集合!~」
歌あり芝居ありダンスあり、歴史の総合エンターテインメントショー

日程:
2016年3月12日(土)19時公演
2016年3月13日(日)13時公演/17時公演

会場:EXシアター六本木(東京・六本木)

チケット:指定席¥6500(税込)

舞台「幻の城」公式ホームページ(http://mottorekishi.com/maboroshinoshiro/

「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ メルマガ会員登録」(http://l-tike.com/mottorekishi

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える