• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「本当に恐ろしかった」辛坊治郎、『白鯨との闘い』に自身の遭難経験重ねる

 1月16日(土)公開の映画『白鯨との闘い』の試写会にキャスターの辛坊治郎がサプライズで登場し、トークショーを行った。

 本作は、19世紀に起きた実際の海難事故と、そこから生還を果たした男たちの奇跡のドラマ。

 自身も映画と同じく、マッコウクジラによる体当たりで船を沈められ、大海を漂流した過去を持つ辛坊は「実は私は2年半前に、船を沈めたんですよ」と明かし、「今日の映画を皆さんに見てもらえるのはうれしい。なぜなら、あの時私が味わった恐怖を皆さんにも同じように体験してもらえるからです」と語った。

 「夜中に熟睡していたら大きな音が聞こえて、続いて乗組員の“浸水!”の声が聞こえました。気が付けば床は水浸しで、排水ポンプをフル稼働しても水位が上がってくる。もう15分と船は持たないということがすぐに分かりました」と事故を振り返った辛坊。「想像してみてください。自分がもしその場にいたら」と語りかけ、「私はまだ宮城県沖1200キロでしたが、しかし周囲に陸はもちろん、船の姿もないんですよ。本当に恐ろしかった。映画はさらに絶望的な太平洋のど真ん中5000キロですからね」と、大海の恐ろしさを語った。

 そして、「乗組員を見捨てれば、お前は助かるぞ、という悪魔の声がはっきりと聞こえたんですよ。正直、あの極限状態ではそのとおりだと思いました」と語り、「その後の人生を考えたら、全盲の彼を見捨てて生き残るより、二人で死んだほうがましだ、という損得勘定が働きまして、最後には二人で協力して何とか脱出することができたんです」と知られざる事実を明かした。

 また、自衛隊に救助されたときのことを振り返り、「こうして自分が生きていられるのは、皆さんの税金で存続している自衛隊のおかげ。皆さんのおかげで“生かされている”ことを実感しました」と語った。

 辛坊は「今日皆さんが見る映画は、まぎれもない実話です。GPSも通信手段もないあの時代、私よりもはるかに絶望的な状況にあって、船乗りたちはどんな決断を下したのか?ぜひとも映画館の迫力あるスクリーンで鑑賞してください」とメッセージを送った。

『白鯨との闘い』
2016年1月16日(土)、新宿ピカデリー他、全国2D/3D同時公開

監督:ロン・ハワード
出演:クリス・ヘムズワース、ベンジャミン・ウォーカー、キリアン・マーフィー、ベン・ウィショー、ブレンダン・グリーソン

配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト(hakugeimovie.jp

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える