• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画「珍遊記」と夢のコラボ実現!マキシマムザ亮君コメント全文

 松山ケンイチ主演でまさかの実写映画化が実現した『珍遊記』に、マキシマム ザ ホルモンがバトルソングとして既存曲2曲を提供することが決まった。

 漫☆画太郎がマキシマム ザ ホルモンのジャケットのイラストを数多く手掛けているという縁もあって実現した今回のコラボ。終盤のアクションシーンで流れる「アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>」と「ジョニー鉄パイプⅢ」の2つの既存曲が映画に提供される。

 本楽曲は、2015年11月18日に発売され、オリコンDVD総合チャート1位を獲得した映像作品集「Deka Vs Deka~デカ対デカ~」に同梱のCD ALBUM「耳噛じる真打」に収録されている。

■マキシマムザ亮君 コメント

うおおー!「珍遊記」実写映画化やべー!!
とにかく今回バトルシーンがすげえ!(まだ見てないけど)

飛び出る映像がど迫力でやばい!!
(まだ見てないし、そもそも3D上映あるかどうかしらねえけど)

そしてなんといっても感動のラスト15秒が泣ける!! (原作もどんな話か忘れてるし、見てないからそんなシーンあるかどうかわからねえけど)

俺は小学校の卒業アルバムの文集のコーナーで「珍遊記」の主人公「山田太郎」のイラスト描いたほど、童貞の頃から大好きなんだこの野郎!! 自分のバンドのCDのジャケイラストを漫☆画太郎に何回も描いてもらってるのに、まだ一回もお会いした事ねえぞ!ちくしょーー!!!
映画館で絶対観てやる!!

マキシマムザ亮君(マキシマム ザ ホルモン/歌と6弦と弟)

<STORY>

天竺を目指して旅を続けていた坊主・玄奘(倉科カナ)は、偶然立ち寄った家のじじい(田山涼成)とばばあ(笹野高史)に天下の不良少年・山田太郎(ピエール瀧)を更生させて欲しいと頼まれ、宝珠の力で恐るべき妖力を封印するが、嫌々ながら太郎(松山ケンイチ)を引き取ることになり、何の因果か共に旅をする羽目に・・・果たして、彼らは無事に天竺まで辿り着くことが出来るのか(いや、出来ない!)?

映画『珍遊記』
2月27日(土)より新宿バルト9他にて全国ロードショー

松山ケンイチ
倉科カナ 溝端淳平
田山涼成 笹野高史 温水洋一
ピエール瀧

監督:山口雄大
原作:漫☆画太郎「珍遊記~太郎とゆかいな仲間たち~」(集英社刊)
脚本:おおかわら/松原 秀
企画・総合プロデューサー:紙谷 零
オープニング曲(主題歌):RIP SLYME「Take It Easy」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)
エンディング曲:RIP SLYME「Drop!」(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)
バトルソング:マキシマム ザ ホルモン「アバラ・ボブ<アバラ・カプセル・マーケッボブ>」/「ジョニー鉄パイプⅢ」(VAP)
制作プロダクション:DLE
配給:東映

(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会

公式HP(http://chinyuuki.com
公式twitter(https://twitter.com/chinyuuki_movie
公式facebook(https://www.facebook.com/chinyuukimovie
公式Instagram(https://www.instagram.com/chinyuuki_movie

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える