• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

出川哲朗「正直、ありがとうと思った」リアクション芸人の本音明かす

 1月23日(土)公開の映画『ザ・ウォーク』公開記念イベントに出川哲朗が登場。本作の主人公フィリップ・プティさながらのワイヤーウォークで映画をPRした。

 本作は、1974年、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センターの間をワイヤーロープ一本でつなぎ、高さ411mの道なき空間に足を踏み入れて命綱なしの空中闊歩に挑んだフィリップ・プティの感動の実話。誰もが不可能と思う夢を実現し歴史を変えた男の姿を、『フォレスト・ガンプ/一期一会』でアカデミー賞を手にした巨匠、ロバート・ゼメキス監督が圧倒的3Dで描く。

 出川は「ヤバい男の物語は、日本一ヤバい男が宣伝しないと!それは僕しかいない!」と気合十分。圧巻のセットを前にMCの有村昆から意気込みを聞かれると「僕がこれまでどれだけ怖い思いをしてきていると思ってるんだ!こんなセットでビビるわけないでしょ!ただ渡るだけではなく、映画のPRコメントを話しながら渡りますよ!そこがサッサッシャー、シャッターチャンスですから!」と断言した。

 余裕の表情でNY上空の景色を背にワイヤーを渡り始めた出川。スモークがたかれ、まるで雲の上を歩いているかのような出川だったが、風速30mの暴風が襲いかかり、さらに大量の新聞紙が飛んできて顔面を直撃。「痛い痛い!見えないよ!!」と四つん這いで進むが、いよいよ渡り終える直前に、上空にあるはずのないボールが次々に投げ込まれる試練が。そんな過酷の状況の中でも「『ザ・ウォーク』は!今週土曜日公開でございます!何がすごいかと言うと!3D映像がとにかくすごい!痛い!でもそれよりすごいのが、この物語!実話でございます!なぜ命綱もつけずにこんな事をしたのか!WHY!!この挑戦に感銘をうけました!!とにかくぜひ、ぜひ劇場で観てください!」としっかりと映画をPRしながらゴールを果たした。

 出川は新聞紙の顔面直撃について「正直、ありがとうと思いました…」とリアクション芸人として本音を明かした。さらに、「プティはリアルに命綱なしで高さ411m、2.2センチ幅の細いワイヤーの上を渡ったので、こんな生ぬるいのじゃ恥ずかしいよ!」と話し、「こんなにすごいことをリアルにやっちゃうプティの生き方がすごいと思った。映画を観たら絶対何か感じると思います。感じない人はおかしいです。すごいパワーをもらえますから!」とプティを称賛した。

 最後に有村が「“何もないからっぽな人生は死んでるのと同じ”というセリフが劇中にありますが、人生の一歩を踏み出す勇気をもらえる作品ですよね!」と話すと、「そういうの先に教えといてよ!」と怒った出川は自分で勝手に仕切り直して、有村のコメントを丸パクリしてイベントを締めくくった。

映画『ザ・ウォーク』
1月23日(土)新宿ピカデリーほか〈IMAX3D〉全国ロードショー

公式サイト(http://www.thewalk-movie.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える