• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

らぁら役・久家心&石井心愛が熱演!ライブミュージカル「プリパラ」稽古場レポート

 ライブミュージカル「プリパラ」み~んなにとどけ!プリズム☆ボイスが、2月に東京・Zeppブルーシアター六本木にて上演される。

 同作は、ゲームやアニメなど幅広く展開し、小学生女子を中心に人気の「プリパラ」の初のミュージカル化。キャストには、真中らぁら役に茜屋日海夏、南みれぃ役に芹澤優、北条そふぃ役に久保田未夢、東堂シオン役に山北早紀、ドロシー・ウェスト役に澁谷梓希、レオナ・ウェスト役に若井友希と、アニメ版でメインキャラクターを担当している声優達が自身の役で出演する。

 ライブに遅刻しそうになり「PrismStone」へ急ぐらぁら。急いで到着したものの、いつものパラ宿店はなんとお休み! ロッポンギ店の青いめが姉ぇ、青いめが兄ぃに案内されてからプリズムツアーズで1時間前の過去にさかのぼることに。ところが青いめが兄ぃのドジで、到着したのは1時間前ではなく1年前のまだプリパラが禁止されていた過去だった……! 現代に戻るため、らぁらはこれまでの大事な場面を一つ一つ再現していくことに―――。

 劇中では、そらみ♡スマイル結成、ドレッシングパフェ結成、ファルル登場など、メンバーとの出会いから現在に至るまでの名シーンを再現。さらに、ミュージカルオリジナルとなるらぁらとらぁらが出会うシーンなど、ファンなら絶対に見逃せない名シーンのオンパレード。しかし、それと同時に、初めて観る人にとっても楽しめるストーリ展開となっている。

 稽古場でまず目に飛び込んできたのは、現代のらぁらをWキャストで演じる久家心と石井心愛。実際のらぁらと同じく2人は小学生。「♪わっせ ほいせ♪」と共演者と息を合わせて走る練習をする姿などは、まさにらぁらがそのまま飛び出てきたかのよう。共演者たちを和ませていた。しかし稽古中は台本を一切見ることもなく、そででも芝居を確認する姿が印象的。しっかりと演じていた。

 メインキャラクターを演じる声優メンバーは、それぞれの役でダンスや歌を真剣なまなざしで稽古を重ねる。実際のキャラクターたちの声ということもあり、繰り広げられる会話や稽古する姿を見ていると、本物のらぁらやみれぃがステージの稽古をしているような気持ちになってくる。

 ステージでは、アニメでおなじみの曲「Make it!」、「Pretty Prism Paradise!!!」や、ライブではあまり見られないみれぃのイメージ曲「ぎゃっぷりぷりっぷー」なども披露。当日は、来場者に「Ripple Light」が配布され、会場全員でサイリウムチェンジを再現。劇中のライブシーンはまるで劇場が本当のライブ会場のように演出される。

 さらにオリジナルキャラクターとして出演する高柳明音(SKE48)や山田親太朗も熱演。高柳はもともと「プリパラ」の大ファンで、稽古着のTシャツも「プリパラ」のものだ。現代のらぁらを過去に連れていく役どころである2人は、久家&石井らぁらとの息もぴったり。芝居をいかに面白く見せようかと話し合う姿がよく見られた。

 公演は2月4日(木)~7日(日)に東京・Zeppブルーシアター六本木にて。チケット発売中。来場者全員に「プロモマイチケ」プレゼントや、終演後のハイタッチ会(キャストは回替わり)なども予定。公演毎にキャストの直筆サインが入ったスペシャルグッズのあたる抽選会も実施する。

ライブミュージカル「プリパラ」み~んなにとどけ!プリズム☆ボイス公式サイト(http://avex.jp/pripara/live/detail.php?id=1035758

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える