• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大村智が『サワコの朝』に出演 ノーベル医学・生理学賞を受賞

 1月30日(土)放送のトーク番組『サワコの朝』(MBS/TBS系ネット 前7・30)にノーベル医学・生理学賞を受賞した大村智が出演する。

 大村は2015年、アフリカで年間数千万人が苦しむ感染症の特効薬の発見と開発でノーベル医学・生理学賞を受賞した。授賞式後、初のトーク番組出演となる。
 スタジオでは、いつでも採取できるようにと常にビニール袋を持ち歩く大村の研究器具をはじめ、ノーベル賞を受賞した薬“エバーメクチン”の元となる貴重な微生物を紹介する。

 さらに「記憶の中で今もきらめく1曲」は、ダーク・ダックスの「シーハイルの歌」。大学時代スキー部に所属し、国体にも出場経験のある大村が「当時、スキー好きは皆聴いていた」というこの曲との思い出を語る。
 アメリカ在住時には、研究費を稼ぐため奥さんとともに企業を回り交渉に挑み続けた大村。2人3脚でともに歩んだ奥さんは16年前に他界したが、生前、夫のノーベル賞受賞を確信し、周囲に「必ずノーベル賞を取る」と話していたという。番組では、天国からの内助の功で支え続け、予言通りノーベル賞を獲得するまでの軌跡を振り返りながら、大村の“他人の真似では1番にはなれない”という強い精神力と研究への情熱に迫る。

 何を聞かれるのか不安な半面、事前に阿川のエッセイなどを読み、楽しみにスタジオを訪れたと語る大村。収録後、大村は「阿川さんは、常に話の引き出し方が上手な印象があったので、私も“引き出されりゃいいんだ”と思っていたのですが、気づいたら余計なこともしゃべっちゃった!」と感想を語った。

大村智プロフィール
1935年、山梨県生まれ。1958年、山梨大学学芸学部(現・教育学部)自然科学科を卒業。東京都内の工業高等学校定時制に5年間勤務。物理や化学の授業の教鞭をとる。1961年、東京理科大学大学院理学研究科・都築洋次郎の研究室に所属。1971年、アメリカのウェスレーヤン大学で客員教授に。帰国後は北里研究所にて抗生物質研究室の室長に就任。1975年、北里大学薬学部教授に就任。1984年に辞職し、北里研究所の理事として副所長に。2013年、北里大学特別栄誉教授。2015年、ノーベル医学・生理学賞を受賞。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える