• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「今日は僕らの言いなりになって」主演映画で中島健人のドSが炸裂

 2月27日(土)公開の映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」の完成披露舞台挨拶が行われ、主演の中島健人(Sexy Zone)、小松菜奈、千葉雄大、高月彩良、岸優太(ジャニーズJr.)が登壇した。

 マキノ原作の累計120万部を越える大ヒット少女漫画を映画化した本作。主人公の悪魔級ドS男子・黒崎晴人(中島)に“絶対服従”を命じられ、抵抗しつつも翻弄されるヒロイン・赤羽未由宇(小松)と黒崎の親友で女子の憧れの的“白王子”白河タクミ(千葉)の3人の恋愛模様を描く、映像化が困難と言われたドキドキシーンが満載の未だかつてないエロキュンラブストーリー。

 開始早々「今日は僕らの言いなりになってください」と、ドS発言を繰り出した中島。初挑戦となったラブストーリーに「自分が出ている映画なのにすごい胸キュンしちゃいました。1つひとつのシーンにしっかりとエロキュン要素があるので僕も興奮しちゃいました(笑)」と完成作に大満足のようす。後輩である岸が「健人君と千葉さんが最後のほうで戦うシーンがあるんですけど、僕の想像を越えていました。僕も腹くくってああいうケンカをしてみたい」と笑顔で感想を話すと、中島は「お前かわいいな~」と笑みを浮かべた。

 普段の自分と正反対のキャラクターを演じた中島は「最初に台本読んだときはこれ僕に出来るかなって思った」と不安もあったそうで「まずは髪を黒染めして、次は心を黒染めしようと(笑)。常に黒埼を意識しようと心掛けるために、後輩のジャニーズJr.が少したるんでいたら注意するようにしたりとか。今までは言ったりすることはなかったんですけど、黒崎くんを演じるために1つひとつのことにしっかりしないとダメだなと思って」と役作りのエピソードを明かすと、岸は「僕は健人君に何を言われようともいつもちゃんとしようと思っています!迷惑かけません!」と自信満々。

 また、お風呂のシーンの話題になると会場からはなぜか拍手があがり中島は「なんで拍手なんですか?」と苦笑い。千葉が「けんてぃー(中島)がそのシーンを撮影しているのを見て“あっこんな感じか、マジか…”って思って(笑)。僕の番になったら監督に“エロく浴びてください”ってだけ言われたので、ボディーシャンプーのCMをイメージしてみた」と撮影を振り返ると「すごく艶やかできれいだった」と大絶賛の中島。すると「いやいや、けんてぃーのほうがよかった」(千葉)、「ばーちーのほうがすてきだった」(中島)の押し問答を繰り返し会場の笑いをさそった。

 最後に中島は「お前は俺の奴隷だ。でもこの映画を見たらお前は俺の彼女だ」と劇中さながらのドS発言で超満員の観客を喜ばせた。

映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」は2月27日(土)全国ロードショー。

公式サイト http://kurosakikun-movie.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える