• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“mayo”名義でピアニストデビューの岡本真夜、映画「夢二~愛のとばしり」に楽曲を提供

(C)2015映画「夢二~愛のとばしり」製作委員会

 明治・大正・昭和を生きた画家・竹下夢二をモチーフにした映画「夢二~愛のとばしり」が2016年7月に公開されることが決定。デビュー20周年を迎えた岡本真夜がピアニスト“mayo”として楽曲を提供した。

「夢二~愛のとばしり」は「Japan Film Festival LA 2015」にて最優秀作品賞(グランプリ)、主演の駿河太郎が最優秀主演男優賞を受賞した作品。美人画のモデルになった妻・たまきとの愛憎と決別、“最愛の女”とされる彦乃との逃避行や彼女の死、最後のミューズとなったお葉との出会いなど、夢二に翻弄される女性たちの心情を描きながら、人間として夢二の本質に迫る内容となっている。
 本作に楽曲を提供した岡本は、小さい頃からピアニストに憧れ、デビュー20周年を機についに夢を実現させピアニストデビューすることが決まった。主題歌として起用されるのは、デビューアルバムと同名の楽曲「always love you」。「このメロディーはあたたかさ、切なさ、懐かしさ、いろんな要素が含まれています。映画『夢二~愛のとばしり』で描かれている愛する人を思う気持ちに寄り添うことができたら嬉しいです」とコメントした。

映画「夢二~愛のとばしり」
原作:野村桔梗「竹下夢二のすべて」(駒草出版)
監督・脚本:宮野ケイジ
プロデューサー:関顕嗣
出演:駿河太郎、小宮有紗、山口賢人、長尾美希、加藤雅也/黒谷友香ほか
物語:時代はいくつも変われど、愛され続けている竹下夢二。そして、夢二の生きた「素敵な憧憬」として輝きを放ち続けている大正時代。「美人画」のモデルとなった妻・たまきとの憎愛と決別…崩壊。最も愛した女・彦乃(しの)との逃避行…そして死。最後のミューズ・お葉との出会い…再起。人間「竹下夢二」を哀しくも愛のある姿を捉え、竹下夢二の本質を浮き彫りにする物語。

(C)2015映画「夢二~愛のとばしり」製作委員会

※公式サイト近日オープン

mayo デビューアルバム「always love you」全10曲
2016年3月2日(水)発売 2500円(税込)
映画「夢二~愛のとばしり」メインテーマ曲:always love you
作曲:mayo 編曲:mayo/森俊之/伊藤ハルトシ
PV映像…

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える