• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

スカパラが謎のサックス奏者・GYOとコラボ!WEBムービーが2・20公開

 人気スカバンド・東京スカパラダイスオーケストラが、某CM企画の中で謎のサックス奏者「GYO(ジーワイオー)」とコラボレーションすることが決定した。

「GYO」とは、ある新CMのプロモーションの一環として期間限定でスカパラとコラボレーションする相手であり、「GYO」のプロフィールについては、担当楽器がバスサックスという以外非公開。「GYO」が参加する期待のWEBムービーは2月20日(土)にYoutubeにて公開され、そこで正体が明かされる予定だという。

東京スカパラダイスオーケストラ×「GYO」のコラボレーションに注目だ。

【PROFILE】
●GYO(ジーワイオー)
担当楽器バスサックス。年齢非公表。常に特徴的な帽子!?着用。

●東京スカパラダイスオーケストラ
1980年代後半、ストリート、クラブを中心に多数のライヴを重ねるバンドがあった。その名は“東京スカパラダイスオーケストラ”。圧倒的なパフォーマンスで動員を増やし、1989年、黄色いアナログ「TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA」をインディーズでリリース。翌1990年、シングル「MONSTER ROCK」、アルバム「スカパラ登場」でメジャーデビュー。以降、ルーツのスカをベースに、ジャンルにとらわれない幅広い音楽性、すなわち“TOKYO SKA”で世界屈指のライヴバンドとしての信頼を勝ち得ていく。メジャーデビュー翌年の1991年には日本武道館に10,000人以上を動員。以降も大規模な会場でのライヴとオーディエンスに近いライブハウスでのパフォーマンスを途切れることなく展開。オリジナルアルバム14枚、多数の海外公演を含むライヴパフォーマンスは2,000本を超える。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える