• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

濱田岳、北村一輝のイジリにもう限界!?「肩甲骨をぐりぐりやられて…」

 2月19日(金)より、BS スカパー!とスカパー!4K 総合で同時放送される連続ドラマ『螻蛄けら(疫病神シリーズ)』(毎週(金)後9 ・00~)。本作の制作発表会見に、ダブル主演の北村一輝と濱田岳のほか、鶴見辰吾、浅海ひかる、木村ひさし監督が登壇した。

 昨年1月に放送された『破門(疫病神シリーズ)』の続編となる本作は、ヤクザの桑原保彦を演じる北村一輝と、建設コンサルタントの二宮啓之を演じる濱田岳が前作に続いてダブル主演。信者500万人を擁する宗教法人の宝物である絵巻物をめぐるスキャンダルに金の匂いを嗅ぎつけた桑原と二宮が、腐敗刑事、東京ヤクザ、金満坊主たちを相手に大暴れする。

 約1年ぶりに主人公の桑原を演じる北村は、昨日クランクアップしたばかりのハードな撮影を振り返り「撮影はとにかく寒かったです。寒い中、今回もクリスマスはお墓でアクションでした(笑)。でも、このチームは本当にクオリティや志が高く、安心しながら楽しく撮影できました」と。また、「こういう役を演じると怖い人だと思われがちですが、実際は全然違うのでそこは太字で書いてほしいです」と記者にアピールして笑いを誘った。

 桑原とバディを組む二宮役の濱田は、「二宮は殴られ蹴られなじられ…。血だらけで寒空の下、ゴロンとしていることが大半だったので、終わって本当によかったなと思います」と本音を明かした。

 男臭いハードボイルド作品でありながら、女性人気も高いことで知られる同シリーズ。今回から新たにキャストとして加わった浅海は、「男同士の友情や結び付きなどの世界観がすごく好きになりました」と。鶴見も北村&濱田を名コンビと絶賛し、「『ゲゲゲの鬼太郎』の鬼太郎とねずみ男に匹敵する」と独特な例えで表現した。

 しかし、名コンビと称されながらも「北村さんとは別の作品で会いたかった…」と肩を落とす濱田は、「普段のイジリも、なかなか作品に近いものになっているんです」と撮影秘話を明かした。「楽屋で“マッサージや~”って言いながら肩甲骨をぐりぐりやられました(笑)」と告白した後、「(北村が隣に座ってるから)もう左見れない…」と小声になっていく濱田を見て、北村からは思わず笑みがこぼれた。

 プロレスラーのオカダ・カズチカから借りたというド派手衣装に身を包んだ木村監督は「最後に3つ言わせてください! 1つ目、タイトルは難しい漢字ですが“けら”と読みます。2つ目、2月19日後9・00放送です。3つ目は特に…あります! 第1話は無料放送です!」と力強くコメントした。

公式サイト(http://www.bs-sptv.com/kera/?_ga=1.12283644.972134429.1450689450

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える